Android 7.0がいよいよ普及してきた。最近登場した「HUAWEI Mate 9」は標準でAndroid 7.0を採用しているし、アップデートも徐々に進んでいる。僕の手元にある「HUAWEI P9」もアップデートできた。

 Androidはアップデートを重ねてきたため、もはやあまり変わり映えしなくなっている。iOSと違ってさまざまなデバイスに対応しなければならないので限界があるのだろう。それでも、あえて今回Android 7.0に注目したのは、マルチウィンドウに対応したからだ。機能としてはAndroid 6.0でも採用されていたが、実際に使えるモデルはほとんどなかった。

 今後は多くのAndroid端末で標準的にマルチウィンドウを利用できるようになるわけで、その使い勝手は注目に値する。今回は、マルチウィンドウを中心にAndroid 7.0の使い勝手を紹介していこう。

Android 7.0にアップデートしたHUAWEI P9
[画像のクリックで拡大表示]
Android 7.0では、バックグラウンドアプリによるデータ通信を禁止するなどしてデータ通信量を節約する「データセーバー」機能も新搭載
[画像のクリックで拡大表示]
同じアプリ内の通知メッセージはひとまとめに表示されるなど、通知が見やすくなったのも新バージョンの改善点だ
[画像のクリックで拡大表示]