今回は、エイサーの最新「Chromebook C740」を使ってみた。2世代前のモデル「C720」を購入した僕自身は「Chromebookも案外いいな」と思ったのだが、日本市場の反応はイマイチだ。どうして盛り上がってこないのか、その理由を考えていきたいと思う。

最新モデルは2世代前とほとんど変わらない

 僕がC720(2014年11月発売)を入手したのは、もう2年以上前のことだ。当時、Chromebookの可能性は感じたが、ハードウエアには完成度の低い部分も目立ち、まだ改善の余地があると思っていた。全体にチープな感じが否めなかったのだ。だから、今後はもっと洗練させて、魅力を増してほしいと願っていた。

 だが今回、最新モデルのC740を手にしてがく然とした。全然変わっていないのだ。基本的に本体は同じで、ただのマイナーチェンジである。

 スペックを見比べてみよう。C720のCPUはCeleron Dual-Core 2955Uで、メモリーは4GB、ストレージは16GBとなっている。これに対し、C740のCPUはCore i3-5005U。メモリーは4GB、ストレージは32GBだ。CPUが強化され、ストレージが増えたとはいえ、2年かけてこの程度の進化というのは、ちょっと遅すぎないだろうか。

 もっと良い製品へと進化してくれていたなら、日常的に持ち歩くデバイスとしても活躍するはずだった。しかし、この程度の進化では、買い替える気が起こらない。ただ、C740を見て考えた。Chromebookは変わらないのではなく、変えられないのではないだろうか?

最新のChromebook「C740」はエイサー製
[画像のクリックで拡大表示]
外観はチープなモバイルノートといった印象だ
[画像のクリックで拡大表示]