スマホ連携がすごすぎる!

 僕が感心したすごい機能は、スマートフォンとの連携だ。MacとiPhoneではすでにいろいろな連携ができているのだが、Windowsは少々遅れていた。今回のアップデートで大いに使い勝手が改善されたのでぜひ試してほしい。

 まずは、Windowsの「設定」に追加された「電話」に利用中の端末を登録する。「電話の追加」ボタンをタップして、SMSでメッセージを送信し、指定されたアプリをインストールするだけだ。

 Android端末では「Microsoft Launcher」、iOS端末では「Continue on PC」をインストールする。対応はAndroidのほうが進んでおり、アプリも日本語化されている。iOSではアプリが英語版だが、こちらも近いうちに対応するだろう。

 Windows 10の「電話の管理」に端末が表示されたら準備完了だ。例えば、端末のブラウザーで開いているウェブページをパソコンで開きたいときは、「送る」メニューの「共有」で「PCで続行」をタップする。少し待っていると、パソコン側のブラウザーが自動的に起動して、該当するページが開く。端末で開いていたページをパソコンでも開きたいときには非常に便利だ。

「設定」に「電話」が追加されている
[画像のクリックで拡大表示]
端末の電話番号を入力し、SMSを送信して「電話」に自分の端末を登録する
[画像のクリックで拡大表示]
端末にSMSを送る際には国を間違えないように
[画像のクリックで拡大表示]
登録を終えたら、端末のブラウザーから「共有」メニューで「PCで続行」をタップ
[画像のクリックで拡大表示]
パソコンを選択する。この画面のように1台の端末を複数のパソコンと連携させることもできる
[画像のクリックで拡大表示]
パソコン側では自動的に「Edge」が起動して該当のページが開く。スマートフォン向けのページが開くことがあるのは致し方なし
[画像のクリックで拡大表示]