プレゼンテーションでは、内容や説明が大事なのは言うまでもないが、「もっとインパクトがほしい」という声も少なくない。確かに「PowerPoint」で作った「スライド」は、完成度は高いものの、どこか既視感があることは否めない。

 今回は、iOS用のアプリを使いこなしてちょっとインパクトのあるアニメーション入りの「スライド」を作成してみた。テレビコマーシャルのようなアニメーションができれば理想的なのだが、そこまでのクオリティーに仕上げるのは難しいし、あまり時間や予算もかけたくないアニメーション入りのスライドなら、サクッと作れてPowerPointよりは目新しくなる。手作り感は強いのだが、それもまた面白いと思う。

 まずはモーションムービーでタイトルを作成してみよう。モーションムービーとはコマ撮り風の動画で、一時期、動画共有サービスの「Vine」で流行した。

 最近は、より簡単に撮影できて見栄えのいい動画を作れるアプリがある。今回利用したのは「ストップモーションスタジオ」というアプリだ。実はほかにも多くのアプリを試したのだが、ファイルの保存時に落ちてしまうなど、安定しないものが少なくなかった。その中で、ストップモーションスタジオは比較的安定している。いろいろなアプリを試してみたい方は、作業時間が無駄にならないように、まず適当なサンプルを作成してアプリの動作を確認することをお勧めする。

 さて、モーションムービーでは、複数の写真を撮ってつなげていく形で動画を作成する。このときあると重宝するのが三脚だ。iPhoneを三脚に固定するツールはいろいろと発売されている。

コマ送り風の動画を撮影するには、iPhoneを三脚で固定するといい
[画像のクリックで拡大表示]