食、医療など健康にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交え、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 以前からたびたびスマートフォンの利用についてはその弊害も話題に上ることが多いのですが、目や脳に与える影響について、改めて注意を喚起する動きもあるようです。
 今回はスマホ利用と健康の関係について、最近の研究から解説します。

米国でも成人の約7割がスマホ利用

 米アップルがiPhone 7を発売しましたが、スマートフォンの普及率は世界的に著しく上がっています。アップルなどテクノロジー関連企業の情報を提供するウェブメディア、Six Colorsによると、2016年4月26日のアップルの報告では、過去3カ月の売り上げはiPadが51億ドル、Macが62億ドルに対し、iPhoneは370億ドルと圧倒的。2007年にiPhoneが登場して以来、ポストPC時代を担っているのはいまだにタブレットではなくスマホです。

 米ピュー研究所の報告では、米国人成人のうちスマホを所有している割合は2011年時点の35%から、2015年には68%にまで伸びています。特に若者の所有率が高く、18~29歳の米国人でみると、2011年は52%だったのが2015年には86%にまで増えました。一方で同時期に、同世代でコンピューターを所有する米国人の割合は、88%から78%にまで下がっています。

■参考文献
Six Colors「Apple Q2 2016 results: Going down!
PewResearch「Technology Device Ownership: 2015


 日本でもスマホは著しく普及しましたよね。総務省の報告によると、スマホの世帯所有率は2010年の9.7%から、2014年には64.2%にまで上昇。20代に絞ってみると94.5%、30代では92.4%という保有率で、米国を超えています。



 スマホが急激に普及したことでのメリットは数多くありますが、同時にデメリットも指摘されています。日本同様に米国でも多くの専門家たちが、使いすぎによる健康への影響に懸念を示しています。どうすれば“健康的に”利用できるのか、米国で指摘される問題と合わせてご紹介します。