エレコムの「スマホ天体望遠鏡 EDG-TLS001」は、段ボール素材のパーツを組み立てて作る天体望遠鏡。商品名の通りスマホで天体などが撮影できる。望遠鏡としての性能は光学約35倍と入門機クラスで、スマホのズームと合わせると最大約130倍で天体を観察できるという。もちろん直接目でのぞいての天体観測も可能だ。

エレコム「スマホ天体望遠鏡 EDG-TLS001」(希望小売価格1万4120円)
[画像のクリックで拡大表示]

組み立てに必要な時間は1時間半ほど

 パッケージの内容は、段ボールのシートが9枚、レンズが3枚(ウレタンのような素材にはめこまれている)、それに三脚取付板、面ファスナー、透明シール、取扱説明書が同こんされている。

 組み立ての難易度は人によって感じ方が異なるだろうが、決して難しくはない。対象年齢は15歳以上となっているが、おそらくこれはレンズなど小さなパーツの誤飲を防ぐためで、小学生の高学年であれば組み立てられるレベルだ。

箱からパーツを取り出したところ
[画像のクリックで拡大表示]
取扱説明書はカラー。組み立て手順が8ステップで説明されている
[画像のクリックで拡大表示]
レンズはウレタン素材で保護されている。このまま対物部や接眼部にセットする
[画像のクリックで拡大表示]

 シートには切れ目が入っており、手でパーツが簡単に外せる(全部で22パーツ)。パーツには折り曲げ線が入っているので、手だけでも折り曲げられるが、定規を使ったほうがきれいに仕上がる。組み立てに接着剤などは不要。ツメを穴に挿し込むことで立体的な望遠鏡を組み上げていく。

 筆者は定規を使わず作ったため、折り目が完全に直線にならないこともあり、ツメの挿し込みが無理やりになってしまった。雑に作っても完成までこぎ着けられたのは、段ボール素材の柔軟性ゆえだろう。手順を間違えたとしても、段ボールが破れない限りやり直すこともできる。

 パーツを組んでいくと、最終的に筒状の「本体」に加えて、望遠鏡先端に位置する「対物部」、目でのぞき込む「接眼部」、三脚やスマホを固定するための「取付台」が完成する。これらを筒状の本体に取り付ければ完成だ。

 パッケージを開けてから完成までかかった時間は、約1時間20分。途中途中で写真を撮りながらだったので、手早くやれば1時間前後、ゆっくりでも1時間半~2時間程度で作れるはずだ。

パーツは指で簡単に切り離せる。細かい切れ込みも爪で押せば外れる
[画像のクリックで拡大表示]
接眼部を組み立て終わったところ
[画像のクリックで拡大表示]
本体に対物部や接眼部をセットしながら巻きずしのように組み立てる
[画像のクリックで拡大表示]
本体が完成した。長い折り込み線は定規などを使ったほうがよい
[画像のクリックで拡大表示]
対物部にカバーと補強パーツを付ける。黒い部分を前後することでピントが調節できる
[画像のクリックで拡大表示]
接眼部にスマホのための補強パーツを取り付ける。左上の飛び出た部分は照準で、目視で望遠鏡の方向を定めるときに使用する
[画像のクリックで拡大表示]
三脚取付台をセット
[画像のクリックで拡大表示]
セットできるスマホは、4~6インチの画面の大きさのもの。スマホ取付台は面ファスナーにより本体と着脱する
[画像のクリックで拡大表示]