年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見や体力、健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回は、前回の記事「脂肪肝ドックで脂肪のたまり具合が正確に分かる?」に引き続き、新百合ヶ丘総合病院で実際に脂肪肝ドックを体験した様子をお伝えする。自他ともに認める大酒飲みのライターの結果は?

[画像のクリックで拡大表示]

 不肖・ライター伊藤、今回は日本初の「脂肪肝ドック」を体験することに。2016年の年の瀬、予防医学に力を入れている新百合ヶ丘総合病院(川崎市)を訪ねた。

 筆者は今年で知命(50歳)を迎える。押しも押されもしない中年のオヤジとして、少しは健康のことを気にしている。40歳になってタバコをやめ、スポーツクラブにも入会。2016年は胃と大腸の内視鏡検査も受けた。

 そして最も気になる臓器は肝臓だ。筆者は自他ともに認める大酒飲みであり、調子に乗って痛飲していると記憶が飛ぶこともしばしば。財布やケータイをなくすなど、酒の上での失敗は無数にある。

 ところが、もともとの体質は決して酒に強くない。母は酒豪の一族だったが、父はまったく酒を受け付けない下戸。そのため、筆者自身も飲めば顔が赤くなる(アルコールの代謝過程でできるアセトアルデヒドをうまく分解できず、血管が拡張する)。それなのに人並み以上に酒を飲むのだから、肝臓にはさぞ負担がかかっていることだろう。

 実際、アルコールの影響は確実に出ている。肝機能の指標となるγ(ガンマ)-GTPは30歳になる前から3ケタ。かれこれ20年間、110~160IU/Lの範囲で“安定”しているが、そもそも一般的な基準値は50IU/L以下だ。原料となるアルコールをまめに補給しているせいか、中性脂肪の数値も高い。2014年に調べたときは基準値の3倍近くもあり、医師から「べらぼうに高い」と評された。

 前回も触れたように、成人の3割は脂肪肝という報告もある(J Clin Biochem Nutr. 2009 Jul;45(1):56-67)。筆者が脂肪肝なのも間違いないだろう。「体のためにも受けたほうがいいですよ」と優しく勧める担当編集者の目は邪悪な期待に輝いていたのだった――。