タレント、二児の母、そして「ホリプロ保育園」えんちょーとして活躍する安田美香さんが、子育てに役立つかもしれないモノやサービスを実際に試してみる『ホリプロ保育園DUAL出張所』。今回はゲストに「まちのてらこや保育園」の高原友美さん、そして手洗い習慣を身につける練習スタンプ、シヤチハタの「おててポン」をお試ししてみました。

働く女性にハッピーを! ワーママに寄り添う保育園、作っちゃいました

 「あなたはひとりじゃない! つながるってすてき!」を合言葉に、子育てに関する様々な想い&情報をお届けしている「ホリプロ保育園」。子育てが楽しくなる取り組みをされている人&モノを取材し、300本近い動画を配信しています。今回は、商社ウーマンから保育士へ転身した「まちのてらこや保育園」代表の高原友美さんご来園!

[画像のクリックで拡大表示]

安田: 高原さんは、今回は二度目のご出演。一度目は2年前、商社を辞めたばかりの時でしたね。「私、保育園を作りたいんです!」と熱く話されていたのを覚えています! 商社にお勤めの頃は、ブラジルでの金属資源開発などをされていたそうですが……あらためて、なぜ保育園を作ろうと思ったんですか?

高原さん: あの頃、私はちょうど30歳になり、周りで結婚・出産する女の子達が増えていたんです。でも彼女達から聞こえてきたのは「保育園に入れない。仕事を辞めるしかない」という悲しい言葉でした。「困っているママさん達がたくさんいる。それならば私が作ろう!」と思ったのがきっかけでした。

安田: 若くて独身の方が、「ママ達を助けよう!」と立ち上がることって、今の日本ではまだまだ珍しいことだと思うんです。だから初めはビックリしました(笑)。当事者でない方が「保育園が足りないなら、私が作ります!」って言ってくれるなんて。その姿にとても勇気付けられたし、心強かったです。あれから保育園でアルバイトを始め、保育士の資格をとって、2015年9月に認可外の小規模保育園を開園されました。本当に、作っちゃいましたね!?(笑)。

高原さん: はい、作りました!(笑)。「まちのてらこや保育園」は日本橋にあるのですが、「まちのみんなが先生で、まち全体が保育園」というコンセプトのもと、まち全体で、子ども達の「育ち」をサポートすることを目指しています。子ども達が工場や店舗にお邪魔して、ものづくりの現場を間近で見たりと、地域とのつながりを大切にしています。

安田: バリバリ働いてきた高原さんだからこそ作れる、働くママに寄り添う園なんですね。

高原さん: はい。働くママの負担を減らすため、園で汚れた子ども達の洋服は全て園で洗濯します。また、オムツを家から大量に運んでくるのって大変ですから、アマゾンや楽天などで買った際には、園へ直接送っていただいてOKです。連絡ノートもスマホアプリを利用しています。また、「働く女性にハッピーな職場づくりをしたい!」という気持ちで作り始めた保育園なので、保育士さん達も子連れ出勤可なんです。

 そう語る高原さんは3月に出産予定。ママとして、女性として、輝き続ける社会を作ろうと、今日も保育園で子ども達を抱っこしています!

>>「まちのてらこや保育園」高原友美さん
インタビューを動画でご覧いただけます

手洗い、ちゃんとできてますか? スタンプで「きれいにする」感覚を

 さて、今回の子育てグッズのお試しは、もりもり記者オススメ、シヤチハタから発売されている「おててポン」。

[画像のクリックで拡大表示]

もりもり記者: 「おててポン」は、手洗いの練習ができるスタンプです。手のひらにスタンプを押して、このスタンプがきれいに消えるように、30秒ほど石けんで手洗いをします。長くしっかりと手洗いをしてくれるようになるので、手洗いを嫌がったり、短い時間で済ませてしまう子どもにいいですよね。

>>ホリプロ保育園で「おててポン」をお試ししてみました!
動画をこちらからご覧いただけます

安田: シヤチハタさんが、手洗いグッズを販売しているの!?

 と初めは意外性を感じたのですが……シヤチハタといえば文具メーカー。なるほど、スタンプならお手のもの、ですよねぇ。さっそくわが家でお試ししてみました!

→全文は日経DUALでお楽しみください!
安田 美香(やすだ・みか)
安田 美香ホリプロのアナウンス部に所属。立教大学文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究科にて、芸術学修士号取得。現在、4歳男児と1歳女児を子育て中。子育てに挫折した経験から、「子育てシャベリ場!ホリプロ保育園」を企画&立ち上げ、「ホリプロ保育園」園長として、子育てに携わるさまざまな声を集め、発信している。
・公式ブログ「ザナ風呂」
Google+