今回のお題は、ソニーのAPS-Cミラーレス一眼「α6300」だ。ファストハイブリッドAFのデキで写真ファンをアッといわせた「α6000」の後継モデルで、AF測距点の増加など基本性能に磨きをかけてリニューアルした。α6000を高く評価して衝動買いした落合カメラマンは、見事にスペックアップを果たしたα6300の仕上がりに興味津々だったものの、意外にも引っかかる部分を感じて衝動買いを見送ったという。

 高速性能に優れたAPS-Cミラーレス機の先達「α6000」をこの連載で扱ってから早1年半。最近は時間がたつのが早くて、ホントにイヤんなっちゃう。たった3日後の遠足が死ぬほど待ち遠しかった小学生時代の「時の歩みのノロさ」は、アレはアレで苦痛に満ちた時間だったりしたのだけど、早すぎるってのも正直ビミョーですわな。新製品をいち早く予約、その発売が待ち遠しくて日々、身悶えることになり仕事も手につかない……なんていうツラさとほぼ縁が切れている現状は、ある意味シアワセであるようにも思えますが(そこかよ)。

落合カメラマンが自腹で購入した旧モデル「α6000」。まだ販売を継続しており、後継モデル「α6300」にはないズームレンズ2本付きモデル(ダブルズームレンズキット、実売価格は9万8000円前後)をラインアップするのがポイント
[画像のクリックで拡大表示]

 α6000に対しては、ミラーレス機として飛び抜けている動体捕捉能力(とりわけAFの対応力)に目が点になると同時に口角が女優の黒木 華レベルで上がってしまうほどにニヤリだった。条件によっては、一眼レフに比肩する使い心地と仕上がりが得られたからだ。そして私は、同記事の最後の方でこんなことをいっていた。

 「細かな不満点はいくつかあるけれど、本当に心配なのはそう遠くない将来に新型の登場があるのではないかとの疑い(恐れ)が捨てきれないところかな。だってぇ~、新型のAFは相当よくなってそうじゃーん」

 α6000を自分で手に入れかなり気に入っていたオッサンの心の叫びである。将来“新型”が登場するという流れは、それがオワコンでない限り避けることのできない宿命であり、ありがたい進化だ。でも、所有する機材が陳腐化するのを目の当たりにして100%の笑顔を維持し続けるのは難しい。とかナンとかいいながら、“新型”にはけっこう期待していたりもするわけで……。むかし松田聖子が歌っていた「あなたなんて嫌いだけど大好きなの。嘘よ、本気よ」にも似た人情の機微は、こんなオッサンにも備わっているってぇことだ。