今回のお題は、富士フイルムのレンズ一体型モデル「FUJIFILM X70」だ。APS-C型のX-Trans CMOS IIセンサーに、35mm判換算で28mm相当/F2.8の単焦点レンズを組み合わせた新デザインの高画質コンパクト。早々に手に入れて持ち歩いている落合カメラマンだが、正確かつ素早いオートフォーカスがもたらす速写性能と、ストレスやクセのない操作性にご満悦の様子。「デキるスナップシューター」と高評価を下している。

 「あれ? それってX70? 珍しくないですか、高倍率ズームレンズじゃないカメラを持っているなんて」

 私が首から下げているカメラを見て、開口一番そういってきた人がいた。どうやらこのワタクシ、ハタからはすっかりそういうイメージになっているらしい。

 まぁ、実際、単焦点コンパクトを常時携帯機にするっていうのは、私にとって足下と下っ腹のあたりがスースーするような、ほのかな不安感がつきまとうものであるのは確かだ。いまこの瞬間、撮りたいものが遠くのほうにひょっこり現れたらどうしよう…なんていう、きわめて単純な思いを捨てきれないでいたのが最大の原因なのだけど、ここはひょっとして、人生の転換期なのではないかとの思いをいだく出来事もあり、単焦点コンパクトでまずはほんのちょっぴりライフスタイルに変化を与えてみようとしたワケである。

 …うむ、今回の衝動買いに対するイイワケは、背景で荒波が激しく砕けているような、荘厳で壮大なテイストがキマッたな。よーしオッケー!(?)

APS-C型のX-Trans CMOS IIセンサーと28mm相当の単焦点レンズを搭載した、富士フイルムの高画質コンパクト「FUJIFILM X70」。過去にヒットしたAPS-Cのレンズ一体型モデル「FinePix X100」よりもふた回りコンパクトなボディーを採用する。ボディーカラーはシルバーとブラックの2色で、実売価格は8万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

動体撮影性能の高さは、自分が動きながらの撮影で発揮される

 前々から富士の「X-Trans CMOS II」搭載機が気になって仕方がなく、でも、ホントに欲しいX-T1を手に入れてしまうと絶対に「交換レンズ全部欲しい病」が発症し地獄を見るとの確信があったため手を出せずにいたチキンなワタシ。X70は、そんな臆病者にも優しいコンデジだ。なにより、レンズ交換できないってのがいい(笑)。

 APS-Cサイズの同センサーに組み合わされるのは18.5mm F2.8の単焦点レンズ。クロップ(デジタルテレコン)に頼っての画角変更は可能も、基本すべてを「35mm版換算28mm相当」の世界だけで完結させる必要がある硬派な作りだ。で、最初にグッときたのは、そのレンズがボディーのサイズにマッチした「薄さ」を持ち、しかも電源のON/OFFでそのたたずまいが変わらないところ。電源を入れたとたん、レンズがググーンと伸びて、いきなり別人みたいになっちゃうコンデジが多い中、この「外観の第一印象をどこまでも裏切らない作り」は、ナニゲに魅力的だったりする。

 それと、動体にも意外にしっかり追従してくれるAFの魅力も大きいと感じた。画面を広くカバーするコントラストAFエリア(測距点数77点)に加え、画面中央部には像面位相差AFでピント合わせできるエリア(測距点数15点)も存在。小気味よく、かつ失敗を抑えつつ使えると感じたのは、「ゾーン」と称されている測距点数を絞ったAFだ(77点のフォーカスエリアすべてを活用するAFエリアモードは「ワイド」と称されている)。

 とりわけ、中央部の像面位相差AF15点に絞った「ゾーン」設定と「AF-C」の組み合わせの使い心地が抜群。とはいえ、28mm(相当)の画角に縛られていると、実際には動体を撮る機会はあまりない。でも一方で、優れた動体撮影能力は、アクティブに動きながらスナップするなど「自分自身が動体になって撮る」場合にも威力を発揮するものであると今般、改めて実感することに。動体にピントを食いつかせる能力が必要とされるのは、受け身になっているときだけではないんだな。

すれ違いざまにスパッとピントを合わせ被写体に追従させたままパパパッと数枚の連写をキメる…AFの立ち上がりが速く、動体追従に優れ、AF追従で8コマ/秒の連写が可能(ただしAF-C+8コマ/秒+ゾーン・ワイド/トラッキング時の測距範囲は中央5×3のフォーカスポイントに限定される)であるからこそ可能な「現代的スナップ撮法」にはハマるものがある。けっこう楽しい(ISO640、1/1000秒、F2.8、-0.3補正)
[画像のクリックで拡大表示]
プログラムAEによる開放F値撮影。等倍で見ると、網入りガラスのワイヤーまでが丁寧に再現されていることがわかる。ノイズリダクションの仕事がきわめてハイレベルであることを想像させる仕上がりだ(ISO2500、1/60秒、F2.8)
[画像のクリックで拡大表示]
APS-Cセンサーを搭載していることの最大の利点は高感度画質にアリ…というのが個人的な見解。もし、ほぼ同等の高感度画質が得られるのであれば、もう少し小さなセンサーにしてもらった方がスナップシューターとしての適性は向上するような気がする。贅沢なコトをいっておりますが…(ISO3200、1/26秒、F2.8)
[画像のクリックで拡大表示]