夏の足元に欠かせないサンダル。日常使いのアイテムとしてはもちろん、キャンプやバーベキュー、海水浴など、夏の行楽に持っていくサブシューズとしても活躍する。毎年さまざまなタイプのサンダルがリリースされるが、今シーズンは脱ぎ履きがしやすく、足によくフィットするモデルがいくつか登場している。

テバ初のスライド式サンダル

 1984年、グランドキャニオンの若きリバーガイドが世界で初めてストラップ付きのスポーツサンダルを開発したことから始まった「テバ」。当時のリバーガイドは乾きやすいビーチサンダルを好んで着用していたそうだが、ビーチサンダルは脱げやすく、履き心地もいまひとつ。一方でトレッキングシューズなどは一度水が侵入してしまうと、靴の中はかなり不快に。こうした問題点を解決したのがテバのストラップサンダルだった。

 そんなテバの新作で注目したいのが、ブランド初となるスライドタイプのスポーツサンダル。ブランドのアイコンモデルの1つとなっている「オリジナル ユニバーサル」を筆頭に、同ブランドのスポーツサンダルはユニバーサルシステムと呼ばれる構造が採用されている。これは足の甲部分に加え、足首部分を前側とかかと側から包む調整が可能なストラップにより、足とサンダルを一体化させるというもの。このストラップのかかと側から足首を包む部分を省略したタイプのサンダルが登場したのだ。

 オリジナル ユニバーサルのデザインを踏襲しているのが、「ユニバーサル スライド」。オリジナル ユニバーサルと比較するとホールド力は劣るが、脱ぎ履きのしやすさは格段に向上している。

テバ「ユニバーサル スライド」(5800円)。色はダークオリーブ
[画像のクリックで拡大表示]

 より快適な履き心地を求めるなら、「テラフロート スライド」がおすすめ。アウトソールにフロートライトと名付けられたラバーとEVAを混合した独自素材を採用。軽量で持続性のある反発力とクッション性を実現したという。耐久性や耐摩耗性もアップしたとのことなので、従来モデルより長く履けそうだ。

テバ「テラフロート スライド」(9800円)。色はネイビー
[画像のクリックで拡大表示]