夏の装いに欠かすことができないサンダル。近年、ランニングやヨガ、登山、キャンプなどのアクティビティーの人気が定着しているからか、サンダルにも機能性が求められつつあるようだ。

 今シーズン注目したいのはランニングシューズでは当たり前になったニット素材をアッパーに使ったものと、スポーツ後のリカバリー(回復)をコンセプトにしたもの。いかに足に優しいか。これがサンダル選びの新たな基準となりそうだ。

※価格表示は税別、希望小売価格

ソックスのような履き心地の「テバ」

 1984年に世界で初めてストラップ付きのスポーツサンダルを開発した、米国生まれの「テバ」。当時のリバーガイドが履いていたビーチサンダルの脱げやすさを解決し、水辺で安全かつアクティブに動けるようにと足首を固定するストラップをビーチサンダルに取り付けたのが始まりだ。

 今シーズンの新作である「テラ フロート 2 ニット ユニバーサル」と「テラ フロート 2 ニットスライド」は、ブランド初のニットコレクション。アウトソールにEVA(エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)とラバーを混合した独自素材「フロートライト」を採用した定番モデルを新素材でアップデートしている。フィット性、通気性に優れたニット素材は、ランニングシューズの定番素材。最近はサッカースパイクにも使われるようになっている。テバのニットコレクションでは、ニット素材をアッパーとフットベッド部分に採用。ソックスのような履き心地だ。

テバ「テラ フロート 2 ニット ユニバーサル」(1万3000円)
[画像のクリックで拡大表示]
テバ「テラ フロート 2 ニットスライド」(1万2000円)
[画像のクリックで拡大表示]

キーンの定番「ニューポート」の進化系

 米オレゴン州ポートランドを本拠とする「キーン」は、2003年に誕生。今年、創業15周年を迎えた。つま先を保護するトウガードを備えた定番モデル「ニューポート」の進化系と呼べるのが「エヴォフィット ワン」だ。

 足とともに呼吸するもう一つの皮膚を目指して開発されたエヴォフィット ワンは、足に吸い付くようなフィット感が特徴。足の部分ごとにニット素材の編みの密度を変化させることで、通気性と安定性のバランスをうまくコントロールしている。また必要箇所をTPU(熱可塑性ポリウレタン樹脂)素材で補強しているため、フィット性が高まり、耐久性も確保されている。

 TPU製のフットベッドは、足裏の形状に合わせた立体成型。取り外しが可能で、洗濯機で洗うことができる。ポートランドにある自社工場で作られている点も、シューズ好きには魅力だろう。

キーン「エヴォフィット ワン」(1万5000円)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]