全国各地で毎週のようにマラソン大会やランニングイベントが開催されるなど、ランニングは日本人のライフスタイルの一部になっている。特に都市部では数多くのランナーとすれ違うし、チームで楽しそうに走る姿もよく見かける。男女を問わず、ウエアやシューズにこだわるおしゃれなランナーが目立つのも都市部の特徴かもしれない。

 おしゃれに見え、普段着にも合わせられるシューズがほしい。そうした消費者の声に応えるべく、タウンユースを意識したスタイリッシュなデザインのランニングシューズが増えている。

おしゃれかつ上品、“街履き系”の代表格

 ランニングシーンとタウンユースの境目をシームレスにつなぐことをコンセプトに作られたアディダスの「ピュアブースト ZG」はその代表格だろう。独自素材「プライムニット」でできたアッパーは足の形状や動きに合わせたフィット感が得られるだけでなく、上品な印象作りにも一役買いそう。またEVA(エチレン・酢酸ビニル共重合樹脂)製のアウトソールがデザインのアクセントにもなっている。

 履き心地の快適さも申し分ない。クッション性と反発性を備えたBOOSTフォームをミッドソールの60%(面積比)に使用。ランニング初心者でもシューズによる推進力アップが実感できるのも魅力だろう。

アディダス「ピュアブースト ZG」(1万4000円)。写真のカラーはコアブラック/ソリッドグレー/ビビッドレッド
[画像のクリックで拡大表示]
ミッドグレー/ソリッドグレー/イーキューティーブルー
[画像のクリックで拡大表示]
コアブラック/コアブラック/ソリッドグレー
[画像のクリックで拡大表示]
ショックブルー/ショックブルー/イーキューティーブルー
[画像のクリックで拡大表示]