アンダーウエアは人の目に触れる機会が少ないため、ワイシャツなどと比べると買い替えの優先順位が低く、あまりこだわらないという人も多いかもしれない。しかし、直接肌に触れるものであるからこそ、機能的なものをチョイスしたい。体の動きを妨げない、肌触りが心地良いアンダーウエアを身につければ、日々のストレスは軽減し、より活動的になれるはずだ。

 「より快適なアンダーウエア、インナーを身につけたい」という消費者が増えているのだろう。素材や縫製、シルエットなどを追求した、既存の商品とは一線を画すアイテムが相次いで登場している。

肩甲骨や股関節の動きをサポート

 ランナーやハイカーにはおなじみの機能性コンディショニングウエアブランド「CW-X(シー ダブリュー エックス)」。そのCW-Xの技術を導入し、“動く”をサポートする新発想下着として登場したのが、「UNDER WEAR BY CW-X(アンダーウエア バイ シー ダブリュー エックス)」だ。発売スタートは2015年。以降、着々とその人気を高めている。

 最大の特徴は、テーピング原理をウエアに応用している点だろう。「肩甲骨サポートシャツ」は、肩甲骨回りの筋肉に沿って施されたサポートラインよって肩甲骨の可動域を広げ、腕・肩の動きをサポートしてくれるという。「股関節サポートショーツ」はサポートラインが両脇から股関節を支えることで、運動時の負担を軽減する。どちらも吸汗速乾性、ストレッチ性が高く、着用感は快適。シャツのほうはUVカット機能も備えている。より健康的に、より活動的に日々を過ごしたいという人におすすめしたいシリーズだ。

UNDER WEAR BY CW-X「肩甲骨サポートシャツ 半袖」(5600円)
[画像のクリックで拡大表示]
UNDER WEAR BY CW-X「股関節サポートショーツ」(5000円)
[画像のクリックで拡大表示]