格安SIM人気を受け、中古ショップもSIMフリースマホの取り扱いを強化している。SIMフリースマホ専門のコーナーを用意するショップも増えた
[画像のクリックで拡大表示]

 格安SIMの利用者が増えるなか、中古ショップではSIMフリースマホの人気が高まっている。少し前まで、スマホ売り場は大半がNTTドコモなどのキャリア向けモデルで占められていたが、いまではSIMフリースマホのコーナーを店内の一等地に設けるところも少なくない。

 格安SIMと組み合わせて使われることの多いSIMフリースマホは、コストパフォーマンスに優れた2万~3万円前後の低価格モデルが好まれていたが、昨年の後半あたりから風向きが変わってきたという。キャリア向けモデルを超える機能や装備を搭載した高価格帯のハイスペックモデルが指名買いされるようになってきたのだ。

 現在人気を集める機種の1つが、ライカと共同開発したカメラ機能を搭載したファーウェイ・ジャパンの「P9」(3万8800円前後)だ。1200万画素のモノクロセンサーと通常のカラーセンサーを組み合わせたデュアルカメラにより、背景のボケを生かした撮影や、味のあるモノクロ撮影ができる。センサーサイズが異なるので、カメラメーカーの高級コンデジと比べればトータルの画質はかなわないものの、デジカメにはできない撮影が楽しめる点が評価されている。2016年12月に登場した上位モデル「HUAWEI Mate 9」も、中古品はまだ6万円前後と高めながら、早くも注目が高まっている。

ファーウェイ・ジャパンの「P9」。ライカと共同開発したデュアルカメラを薄型ボディーに搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
同じくファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI Mate 9」。デュアルカメラは第2世代に進化し、画質が向上した
[画像のクリックで拡大表示]

 プラスワン・マーケティングの「FREETEL SAMURAI KIWAMI(極)2」(3万9800円前後)も性能を重視する人に人気のスマホの1つだ。10コアCPUやWQHD(2560×1440ドット)の高精細表示が可能な5.7型の有機ELパネルなど、とにかくハイスペックな仕様が注目されている。

プラスワン・マーケティングの「FREETEL SAMURAI KIWAMI 2」。2560×1440ドットの高精細表示に対応した5.7型の大型有機ELパネルを搭載するなど、表示性能の高さが特徴だ。デュアルSIMスロットを搭載し、DSDSにも対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つ、SIMフリースマホの新しいトレンドとして注目を集めているのが「DSDS」だ。DSDSは「デュアルSIM・デュアル待受」の略で、1つのスマホにSIMカードスロットを2基搭載することで、2回線の着信を同時に待ち受けできるのが特徴だ。大手キャリアのSIM+格安SIMの組み合わせで使えば、通話定額と低料金のパケット通信を併用できるメリットがある。前述のHUAWEI Mate 9やFREETEL SAMURAI KIWAMI 2、エイスースの「ZenFone 3」などのハイエンドモデルに搭載され、機種数は確実に増えている。

DSDS対応スマホのSIMカードトレイ。2つのSIMカードが差し込めるようになっている
[画像のクリックで拡大表示]
DSDS対応スマホは、エイスースの「ZenFone 3」シリーズなどラインアップが増えつつある
[画像のクリックで拡大表示]

 これらのSIMフリースマホは、ソニーのXperiaやサムスン電子のGalaxyといったメジャーブランドと比べれば知名度は低い。だが「メーカー名やブランドよりも、求めている機能や装備があるかどうかで選ぶ」という人が今後増えるのは間違いない。SIMフリー時代はスマホ選びの基準が大きく変化しそうだ。

(文/白石ひろあき)


※価格情報は、すべて2017年1月25日調べ。記事中の価格は、基本的に消費税8%を除いた税別の金額を記載しています。しかし、秋葉原では8%の税込み価格のみ掲示している販売店が多数を占めることを考慮し、例外的に消費税8%を含む税込み価格で表記します。税別価格のみ掲示している商品は、金額のあとに(税別)の表記を入れています。ご了承ください。価格は変動する可能性があり、在庫切れになるケースもあります。