手のひらサイズの精密な高級ボールペン

ファーバーカステル「ポケットペン」(税別2万円)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラチナコーティングされた金属の軸と、正確に彫られたねじ切りの精度の高さ、絶妙のサイズバランスで構成された、手のひらサイズながら書きやすい小型ボールペンの頂点が、このファーバーカステルの「ポケットペン」だ。

手のひらにのる9cmの小さな高級筆記具だ
[画像のクリックで拡大表示]

 小さくても、キャップから軸まで真っすぐで段差のないファーバーカステルならではのデザインを引き継ぎ、キャップがネジ式で、外したキャップを尻軸に付ける際もネジ式になっているあたりの徹底ぶりも、パーフェクトペンシルの血統をきちんと受け継いでいる。小さくても、ファーバーカステルの製品であることについての妥協は一切ないのだ。

ネジ式のキャップを外し、尻軸にネジで留めれば、全長10.5cmの使いやすい油性ボールペンになる
[画像のクリックで拡大表示]

 本体はキャップをした状態で約9cm、キャップを尻軸に付けると約10.5cm。この10.5cmという長さは、小ぶりの万年筆のキャップを外したときの長さとほぼ同じ。つまり、書くのに十分なサイズなのだ。軸は細いが、金属軸なのでそれなりの重みもあり、筆記時のペン先のブレもないので、バランス良く安定して書ける。

 手のひらサイズなのにクリップはスプリング内蔵式にするなど、技術が凝縮されていて「小さいからこそ感じる高級感」がある。手に取ると、その「よくもまあ、この小さなペンにそこまでの手間ひまをかけたものだ」と感心してしまう。リフィルはいわゆる4C規格のものが入れられるので、国産のインクを使うことも可能。それもまた、このペンの大きな魅力の一つだろう。

クリップはスプリング内蔵式。このクリップから軸へのたたずまいは小さくてもファーバーカステルそのものだ
[画像のクリックで拡大表示]
リフィルは4C規格のものが使えるが、4C規格はメーカーによってサイズのばらつきがかなりあるので、他メーカーのリフィルを実際に使う際は使えることを確認してから使用すること
[画像のクリックで拡大表示]
小さいからといって、持ちにくいということはない。キャップを尻軸にネジで留めるのでキャップをなくす心配も少ない
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/納富廉邦)