トゥミ「HARRISON/コンバーチブル・ブリーフ」(6万円)。サイズはW42×H30.5×D9cm、色はブラックのみ。ナイロン製。日本限定品
[画像のクリックで拡大表示]

 日本でよく見かけるビジネスバッグは3wayの場合が多いが、リュックをメインに考えるか、ブリーフケースをメインに考えるかで選ぶべき3wayバッグのデザインが決まり、そのどちらを選んだかが見た目の特徴として出やすい。つまり、リュック、ショルダーバッグ、ブリーフケースの使用形態のどれかが不自然に見えやすいのだ。

 TUMI(以下、トゥミ)の「HARRISON/コンバーチブル・ブリーフ」は、メインにナイロン生地を、要所に革を使ったエレガントな3wayバッグ。この製品はリュックにしてもブリーフケースにしても、見た目に無理がない。ブリーフケース用のハンドルが収納できないにも関わらず、リュックとして背負っても、ブリーフケースとして手に持っても、スマートに見えるから驚く。

リュックとして背負ったところ。サイドにハンドルが付き出すが、あまり気にならないようにデザインされている
[画像のクリックで拡大表示]
ブリーフケースとして横向きに置いたところ。背中のストラップは収納式なので、普通にブリーフケースに見える
[画像のクリックで拡大表示]
ブリーフケースとして使うと、これがリュックにもなるようには見えない。ビジネスシーンに十分対応できる
[画像のクリックで拡大表示]
リュック用のストラップは、このように完全に収納できる。さらに、キャリーケースのハンドルにセットアップできるようになっている
[画像のクリックで拡大表示]