吉田カバン「PORTER LIFT DAY PACK」(2万9000円)。サイズはW30× H42× D8cm、重さは760g。色はブラック、ブロンズ、ネイビー、ブラウンの4色
[画像のクリックで拡大表示]

 ビジネスリュックをよく見かけるようになってから気づいたのが、その多くが2way、3wayタイプということだ。それらを得意とするのが、ビジネスバッグのブランド。ビジネスパーソンをはじめ、幅広い年齢層に支持を得ている吉田カバンはおよそ200ものシリーズがあるが、その中でも長年変わらず安定した人気を保っているのは、米国空軍のフライトジャケット「MA-1」をモチーフにした「TANKER(タンカー)」シリーズだ。カジュアルながら、ベーシックな色をそろえていて軽量ということもあり、旅行やビジネスなどで便利なアイテムである。

 そのTANKERと同様に、運ぶ・持つ(LIFT)というかばんの本質を軸に作られたのが「LIFT」シリーズ。「PORTER LIFT DAY PACK」はシンプルなデザインの薄マチでスーツに合うし、電車などでの通勤時にも邪魔にならない、まさにビジネス仕様のデイパックだ。

 表地にはタテ糸に210デニールのナイロン糸、ヨコ糸に複数の中空状繊維をより合わせて紡績した強合撚ナイロン中空糸を用いた超高密度ナイロンツイルを採用。ボリューム感があるのに軽いかばんに仕上がっている。シルクのような品の良い光沢感があるのも、この素材の特徴。裏面にPVC加工が施されているので、水滴が中に染み込みにくいし、ハリ感が出てかばんの形をスッキリと整えている。カジュアルになりやすいナイロン製のデイパックなのに、ビジネス向きのシャキッとした雰囲気があるのは、その素材とデザインの合わせ技だろう。