ビジネスウエアがカジュアル化したことで、昨今、ビジネスリュックが一般的になってきた。このトレンドを牽引しているのが、ザ・ノース・フェイスの「シャトル デイパック」であることは間違いないだろう。

 「シャトル デイパック」は2012年春の登場以来、マイナーチェンジを繰り返しながら現在も発売されている人気バックパックだ。ノートPCとタブレットが同時に入る蛇腹式の専用コンパートメントのほか、電源コードやモバイルルーターなどの電子機器を収納するオーガナイザーなどを備え、ブリーフケースを想起させる品の良いスクエアデザインでビジネスシーンに対応。今もなお、仕事で使うリュックの最有力候補として名前が挙がる。

 そんななか、ザ・ノース・フェイスがビジネスリュックの次なる一手として投入したのが「アクセスパック22」(以下、アクセスパック)だ。

ザ・ノース・フェイスの「アクセスパック 22」(3万7000円)。ほかに容量28リットルの「アクセスパック28」(4万円)がある
[画像のクリックで拡大表示]

 シャトルデイパックが日本で企画されたのに対し、アクセスパックは同ブランドが生まれた米国で企画されたもの。「アクセスパックは2016年春夏に米国で発売され、ザ・ノース・フェイスが手がけたシティユースのバックパックとして、アウトドア好きの方から大変支持された。そして2016年秋冬に、日本で直営店でのみ少量を販売。数が少なかったこともあり、すぐに完売した」と、ゴールドウイン ザ・ノース・フェイス事業部 ハードグッズグループ マネージャーの狩野茂氏は話す。

 その後、2017年春夏シーズンも直営店を中心に少量を販売し、完売していた。そして今シーズン、ついに日本で本格展開がスタートしたというわけだ。その特徴を順に見てみよう。