2017年7月5~7日まで東京ビッグサイトで開催された、日本最大の文房具の祭典「国際文具・紙製品展」(通称:ISOT)。この見本市ではさまざまな文房具が並ぶが、文房具の世界では他のジャンルとの境界線があいまいな製品も多い。事務用品、バッグなどの収納用品、雑貨など、ISOTだからこそ見つかる注目商品を集めた。

持つときはA5、仕事中はA4サイズになるすぐれもの

 キングジムの「コンパック」は、A4のクリアファイルのように使えるのに、A5サイズで持ち歩けるという画期的なファイル。筆者の個人的文房具大賞2017グランプリをあげたいくらいよくできた製品だ。

キングジム「コンパック」クリアポケット5枚タイプ(500円)、10枚タイプ(600円)。外観は、A5のクリアファイル
[画像のクリックで拡大表示]

 見ためはA5サイズの二つ折りのファイルだが、背の部分が柔らかい素材でできていて、スムーズに180度開くようになっている。また、中のクリアポケットは、右側上部は表紙に固定され、左側はレールが付いていて左右に動くようになっている。下部は固定なしのフリー状態。この構造で閉じたり開いたりしても、中に入れた書類に力がかからず、折り目やシワが付きにくいのだ。そして、この開きのよさと、クリアポケットの固定方法の合わせ技で、何と、クリアポケットをページをめくるように開いて中に入れた書類を見ることができる。

開くと、A4用紙が入るクリアポケットがある。ここに書類やフライヤーを入れて、折り畳んで持ち歩く。このまま、ページをめくるようにしてA4書類の閲覧も可能
[画像のクリックで拡大表示]

 これが本当に便利で、持ち歩く際はA5サイズになるから小さなカバンにも入るし、見るときもA4のファイルに比べても表紙がないぶん、ラクに読むことが可能。片手でもページがめくれるのは、この形状ならではだ。

このレールの働きで二つ折りしたときも書類が動いて、シワや折り目が付きにくい
[画像のクリックで拡大表示]

 クリアポケットは5枚タイプと10枚タイプがあるが、価格差が100円なので、断然、10枚タイプをお薦めする。10枚タイプだと、片面印刷の書類なら最大20ページまで、ファイルに入れたまま内容を閲覧できる。実際に触ってみると、とても使いやすく、思った以上に書類に折り目が付かず、デザインも安っぽくない。A4ファイルを持ち歩くより、こっちのほうが利点が多いような気さえする。キングジムの担当者によると、とても売れているとのこと。