2017年7月5日から7日にかけて東京国際展示場で開催された、日本最大の文房具の祭典「国際文具・紙製品展」(通称:ISOT)。この見本市で中心となるのは、やはり紙製品だ。アイデアを形にしやすい分野だけに、毎年面白い製品が登場する。今回も、レベルが高いノートや紙製品がそろったが、中でも特に興味深い製品を5つ厳選した。

 東京・新橋の印刷会社、河内屋が、新橋のビジネスパーソンにカッコいい文具を使って欲しいという思いから立ち上げたブランド「KUNISAWA」。ツバメノートなどでおなじみの、万年筆との相性が良い高級筆記用紙、フールスキャップ紙を使い、小口にはカッパー(銅)の箔を塗り、黒を基調にしたクールなデザインの表紙で仕上げた、大人のノートを作った。

 中でも、リングノートにフールス紙と小口箔を組み合わせた「FIND RING NOTE」(1500円)は斬新。付せんがフールス紙という「FIND STICKY MEMO」(900円)も面白い。デザインの中に使い心地としてのラグジュアリー感を入れていくのは、これからの文房具やアクセサリーには必要になってくると思う。

河内屋「KUNISAWA FIND STICKY MEMO」(900円)。このシックなゴージャスさが、今新鮮だ
[画像のクリックで拡大表示]
「KUNISAWA FIND STICKY MEMO」(900円)は、フールス紙を使ったビジネス向け付せん。小口の箔も含め、丁寧な作り
[画像のクリックで拡大表示]
左が「KUNISAWA FIND NOTE SOFT」(2500円)、右が「KUNISAWA FIND NOTE HARD」(3000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに面白いのは、「FIND NOTE SOFT」(2500円)。ソフトカバーの厚手のノートなのだが、「新聞を丸めてポケットに突っ込んでいるイメージで作りました」と、しゃれっ気も忘れていない。もちろん、製本も丁寧で開きもスムーズ。そういうベーシックな部分をしっかり押さえたうえで、ちょっとした遊びも仕込んでいるのだ。

小口の箔はないが、そのぶん気軽に使える「KUNISAWA FIND NOTE SOFT」は、丸めてポケットに突っ込むこともできる。これが新橋スタイル
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
「国際文具・紙製品展」(通称:ISOT)の開催日程に誤りがありました。正しくは2017年7月5日から7日でした。お詫びして訂正します。[2017/7/21 15:55]