2018年6月7日から10日まで、東京国際展示場で「東京おもちゃショー2018」が開催された。今年もタカラトミー、タカラトミーアーツ、バンダイ、セガトイズといった大手が面白い新製品を発表。音声を使ってコミュニケーションを図るタイプのおもちゃが増えたのが印象的だ。

 おもちゃといえば音が出るのは当たり前。しかし今年のおもちゃショーではもう少し踏み込み、音声に対してリアクションしたり会話したり、といったものが多かった。スマートスピーカーやAI、IoTといった社会の流れを、おもちゃ業界も敏感に感じ取っている様子が見て取れた。

※価格は全て希望小売価格

いろいろな拍手をするロボット

 今回かなり面白かったのが、バイバイワールドの拍手ロボット「ビッグクラッピー」。これは、拍手の音を機械で再現する研究をしていた人が作った、拍手をリアルにたたきながら、調子よくおしゃべりする、客寄せやイベント用のロボットだ。スマホアプリから指示を出すことで、三三七拍子や博多の一本締めなど、各地の手締めをやってくれる機能が最高。小型の「ミニクラッピー」も音がリアルで楽しい。機械に電子音ではなく生音を出させようというアイデアが素晴らしい。(関連記事「「拍手バカ」が行き着いた幸せの赤いロボット」

バイバイワールド「ビッグクラッピー」(34万8000円)。イベント用にリースなどもある
[画像のクリックで拡大表示]
バイバイワールド「ミニクラッピー」(500円)。手拍子も意外に長時間やると疲れるので、代わりになるかも
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、タカラトミーアーツの「おしゃべり鼻セレブ」。ティッシュの箱にセットすると、鼻セレブの箱デザインと合わせてうさぎなどのキャラが強調され、ティッシュを取れば音声で反応してくれるというものだ。

タカラトミーアーツ「おしゃべり鼻セレブ」(1980円)、2018年10月発売予定。ウサギとX(シークレットキャラクター)の2種類がある
[画像のクリックで拡大表示]