連載:聞いた、試した、すごかった!…

コーヒーメーカー戦争勃発!? “水筒形”と“冷ドリップ”

インテリアの展示会レポ(2)

 2016年6月1日から3日まで、東京ビッグサイトで、新しいライフスタイルを提案する生活周りのさまざまなものを集めた国際見本市「インテリア ライフスタイル2016」が開催された。2回目は、コーヒーブームを改めて実感する面白いコーヒー関連グッズ、アイデアと遊び心が詰まった食器類や文具からデジタル系グッズまでを紹介する。

コーヒーブームをけん引する!? コーヒー関連グッズが充実

 今回、とても目立っていたのがコーヒー関連の製品。本当に流行しているんだなと実感した。その中で目を引いたのは、フジイのブースだ。まず、湯以外のコーヒーをいれるためのすべてを一つにまとめたオールインワン・コーヒーメーカー「カフラーノクラシック」(1万2000円)。水筒型の製品のフタを開けると中はコーヒーミルになっていて、その下にはドリッパーが用意されている。最下層はカップになっていて、これだけでコーヒーを豆から持ち歩いて飲める状態にできてしまうのだ。

フジイ「カフラーノクラシック」1万2000円。一見、水筒かフタ付きのタンブラーだが、これがコーヒーメーカーなのだ
[画像のクリックで拡大表示]
このように中にはコーヒーミルが、その下にはフィルター付きのドリッパーが収納されている
[画像のクリックで拡大表示]
いれたコーヒーは、そのままタンブラーに入るので、いれたてが飲めるのだ
[画像のクリックで拡大表示]

 同じくフジイのブースでは、フレンチプレスでコーヒーをいれる道具でありながら、従来のフレンチプレスの味わいを超える「エスプロ・プレス P5」、「エスプロ・トラベル・プレス」も展示されていた。

 フレンチプレスとは、コーヒーとお湯を入れて金属フィルターを押し沈めたらあとは注ぐだけという、抽出器具とポットが一体化した手軽なコーヒーメーカー。ただし、コーヒーの微粉が残りやすいこと、抽出してから時間がたってしまった部分と飲むためのコーヒー部分が混ざってしまうといった欠点もある。こちらは、これらの欠点を解決し、スッキリした舌触りの良いコーヒーがいれられる製品。ボダム独占とも言えるフレンチプレス型に登場した新しい波なのだ。

フジイ「エスプロ・プレス P5」。フレンチプレス型のコーヒーメーカー。下層にフィルターを付けることで余分な粉が混ざらず、濃くなり過ぎることもなく、クリアな味わいになる
[画像のクリックで拡大表示]

 コーヒーメーカーでもう一つ。こちらは、台湾のメーカーで日本での流通はこれからだということだったが、いわゆるスロードリップの水出しコーヒーをいれるためのマシンで、「バンデラ アイスコーヒーメーカー」という。最近、場所を取らず、本体のデザインも置きやすく作られているスロードリップのコーヒーメーカーは増えてきた。だが、この製品は、それにさらにひと工夫。水を4度程度に冷やしてからドリップするという仕掛けになっている。つまり、通常の水出しに比べ、さらに低温で抽出できるということ。電源はUSBで取ることができるので、モバイルバッテリーでも駆動する。

orijinal i「バンデラ アイスコーヒーメーカー」。ガラスと金属と木材をうまく組み合わせたデザイン。中央の金属筒の部分で水を冷やして低温抽出する
[画像のクリックで拡大表示]

 同じブランドの製品で、水を冷却し、落下速度をコントロールする部分だけを製品化した「バンデラ アイスコーヒー小型自座機」も用意されていた。一人分程度をいれる際に、普段使っているドリッパーの上に、この装置をセットして水を入れるだけで、4度に冷却された水でのスロードリップが可能になる。「バンデラ アイスコーヒーメーカー」でいれたアイスコーヒーを試飲したところ、たしかに水出し特有のスッキリした甘みが強く感じられた。実際の効果のほどは不明だが、低温抽出の実験ができることが面白い。

orijinal i「バンデラ アイスコーヒー小型自座機」。こちらは家庭にある普通のドリッパーで低温抽出スロードリップが楽しめるタイプ。ドリッパーの上にある青い部分が製品
[画像のクリックで拡大表示]

 コーヒーにこだわるなら水も、というわけではないが、世界で初めてポット式浄水器を発売したブリタが50周年記念モデル「FUN」を展示していた。浄水容量1リットルタイプだが、ブリタ史上最小最軽量。取っ手をなくしたデザインで冷蔵庫の中でも場所を取らない。浄水器部分がブルー、ピンク、パープル、ライムの4色から選べるようになっているポップな製品だ。取っ手がなく上部がスッキリしているので、日本の小さな冷蔵庫でも収まりが良く、より気軽に、それこそコーヒーを飲みたいときだけサッと浄水して使うといった用途でもいけそうだった。

ブリタ「FUN」(6月中旬発売予定)。浄水部容量1リットルの標準的なタイプながら、取っ手を排したデザインで小型化。取り回しもラクになっている
[画像のクリックで拡大表示]

この連載のバックナンバー

PR

  • 日経トレンディ 最新号案内

    日経トレンディ
    2017年11月号