新しいアイデアの革製品やカバン

 革製品では、薄さや変形するタイプの製品に面白いものが多かった。ルボアの「CORGA」は、革製の携帯用バッグのシリーズ。折り畳んでコンパクトに持ち歩けるという意味ではエコバッグに近いが、こちらは、カバンの状態にした時のルックスが、きちんとデザインされた革カバンなのだ。肩掛けのトートバッグ風になる「L SHOPPER」(3万円)や、スクエアな形状が男性にも扱いやすい「L BAG」(2万5000円)や「L BAG SMALL」(2万円)など、革の厚さが0.5mmで軽く、柔らかい質感が魅力のカバンがそろう。底板の扱いがうまく、折り畳んだときの形がスマートで、何より適当に畳んでもキレイにコンパクトになる使い勝手がうれしい。

ルボア「CORGA L SHOPPER」3万円。カバンとして使う場合はこのようなショッピングバッグになる
[画像のクリックで拡大表示]
「CORGA L SHOPPER」を畳んだところ。このサイズになる上に、畳むのがとても簡単
[画像のクリックで拡大表示]
左が「CORGA L BAG SMALL」(2万円)、右が「CORGA L BAG」(2万5000円)。もちろん、どちらもコンパクトに畳むことができる
[画像のクリックで拡大表示]

 ロンド工房の「dunn」(uにウムラウトがつきます)は、国産の薄い革のプロダクトを展開するブランド。ブースには、財布や手帳に挟める薄い名刺入れ「Cardridge dunn」に続く新製品群が並んでいた。厚さ1mmの本体に世界の主要通貨が入るように作られた「dunn world wallet」(5800円)、チケットポーチのようなサイズにマチが付いて、筆記具とパスポートなどを一緒に入れて持ち歩ける「dunn passport & pen case」(6800円)、コインと一緒に2、3枚のカードも収納できる「dunn coin & card case」(4800円)、縦にも横にも下げられて、とても軽い「dunn id holder every-direction」(4900円)、1本の筆記具だけを最小限の革でガードする「dunn one pencover」(2000円)と、どれも、薄い革の特性を活かしたデザインになっている。革のエレガントさや耐久性が生かされているけれど、大げさにならなくてちょうど良い感じは、今後の革製品の新しいジャンルになっていくのではないだろうか。

ロンド工房「dunn world wallet」(5800円)。薄くてシンプルだが、世界の主要国の紙幣が入るサイズに設計されている
[画像のクリックで拡大表示]
ロンド工房「dunn passport & pen case」(6800円)。パスポートと筆記具が一緒にあると旅行時に何かと便利なのだ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ロンド工房「dunn coin & card case」(4800円)。薄くてコンパクトだが、コインとカードを内部で仕切って別に収納できる
ロンド工房「dunn id holder every-direction」(4900円)。縦にも横にも下げられて、ひっくり返りにくい構造のIDカードホルダー
[画像のクリックで拡大表示]
ロンド工房「dunn one pencover」(2000円)。ペンを一本だけ、まるで服を着せるように保護する最薄のペンケース
[画像のクリックで拡大表示]