2018年は各メーカーから定番ボールペンの高級ラインが次々と発売され、高級ボールペンの競争が激しくなっている。特に注目すべきは国内メーカーの製品。これまでトンボ(関連記事「32年続くトンボ鉛筆「ZOOM」シリーズ、ヒットの秘密」)や三菱鉛筆(関連記事「高級版ジェットストリームはさりげない最強ボールペン」)など、高級筆記具ブームをけん引しているブランドを紹介してきた。3回目は、パイロットの「アクロ」シリーズを取り上げる。

※掲載価格はすべて希望小売価格です。
パイロット「アクロ1000」(1000円)。ボール径は0.5mm、インク色は黒。軸色は左から、ブラック、メタリックレッド、ネイビー、メタリックグレー、シャンパンゴールド、メタリックソフトブルーの6色
[画像のクリックで拡大表示]

 パイロットは国内の筆記具メーカーの中ではトンボ鉛筆と並び、高価格帯のボールペンを販売し続けてきた数少ないメーカーの一つだ。「タイムライン」「コクーン」「アクロドライブ」といった金属軸の高級ボールペンは今でも人気が高く、ギフト用途だけでなく、日常使いのボールペンとしても多くの人に愛用されている。また、パイロットは低粘度油性インク「アクロインキ」を開発し、他メーカーより早く金属軸のボールペンのリフィルに採用したメーカーでもある。

 そのパイロットが次に発表する高級ボールペンが、アクロドライブに続くアクロシリーズの新作「アクロ1000」と「アクロ300」だ。どちらも、ほぼ同じシルエットで細身のノック式0.5mm油性ボールペン。アクロ1000は金属軸にマット塗装の仕上げ、アクロ300は樹脂軸でクリアタイプと不透明軸が用意されている。

パイロット「アクロ300」(300円)。ボール径は0.5mm、インク色は黒。軸色は左からクリアブラック、クリアレッド、クリアブルー、ホワイト、ソフトピンク、ソフトブルー、ラベンダー、ブルーの8色
[画像のクリックで拡大表示]