プジョーからゴマ専用器が登場

 ペッパーミルの老舗、プジョー。数多くのペッパーミルを出していてプロ御用達としても知られています。中でも他国に比べて日本での人気の高さは群を抜いているのだそうです。そこで新たに開発されたのが、日本料理では基本の食材のひとつ、ゴマ用のミル。これがカッコいい。今後展開していく予定とのことで価格は未定。実は少し前にプジョー本社の副社長とお会いしたときに、「日本ではゴマすり器というものがある」という話をしたのですが、それがまさかすぐに商品化されるとは思いませんでした。仕組みはペッパーミルと同じ。コショウに比べて粒が小さいゴマ用に改良したもののようです。

プジョーから近々発売になる「ゴマすり器」(価格未定)。ハンドルがおしゃれだ
[画像のクリックで拡大表示]
プジョーのミル製品が一堂に会する
[画像のクリックで拡大表示]

海外メーカーが日本酒用グッズを発売

 日本酒は、ワインと同じように開栓した後は徐々に酸化していきます。鮮度を保つには、しっかり空気を抜いて栓をして冷蔵庫で保管するのがいいのですが、日本酒にはワインのような空気抜き栓がなかったんです。日本酒愛好家の人たちは、ワイン用の空気抜き栓を使うなどしていたようです。

 今、日本酒はフランスをはじめ海外で人気が高まり輸出も増加しています。そこで海外の日本酒愛好家が増えるのと同時に専用の空気抜き栓も求められるようになりました。そこに需要があるとすぐに動いたのが、数多くのワイングッズを作っているオランダのメーカー、バキュバンでした。日本酒用の真空ポンプを出したのです。日本のメーカーよりも先に出されたと思うと少し悔しいですが、さすがにワイングッズに強いメーカーだけあり、商品は確かなものでした。

 これはワイン用と同じく、ポンプ式で押していくと真空状態になるもの。真空になったことが音で分かるので便利。一升瓶に合うサイズに作られています。

バキュバン「酒鮮」(2800円)
[画像のクリックで拡大表示]