1997年に米カリフォルニアで設立されたインケースは、設立当初からアップル製品に最適化されたケース類を手がけ、アップル社公認として展開するバッグ&ケースブランド。今日のビジネスリュックブーム以前からラップトップリュック(ノートPCの収納を前提に作られたリュック)をいち早く展開しており、デザイン性の高さと使いやすさからクリエーターを中心に支持されてきた。そもそもPCやガジェットを持ち運ぶために生まれたブランドのため、その使い勝手は後発ブランドの一歩先を行く。今回は、そんなインケースのなかでも特に注目したいバックパックを3タイプ紹介する。

今最も売れている人気シリーズ

 数あるインケースのバッグのなかで、現在最も売れているのが「シティ」シリーズだ。容量の異なるバリエーションが展開されているが、特に人気が高いのは薄マチの「Compact Backpack」だという。

インケース「City Collection Compact Backpack」(税込み1万6740円) サイズは約W33×H46×D13cm
[画像のクリックで拡大表示]

 シティシリーズの最大の特徴は、360度プロテクションのPC収納スペース。前後だけでなく上下にもクッションが付いているため、全方位の衝撃からPCをしっかり守ることができる。意外にもラップトップリュックは底部にクッションがないものが多いが、シティは床からの振動にも対応している。さらにこのPCスリーブの内側には起毛素材を採用しているなど、ガジェット保護に配慮した設計は“さすがインケース”というべきだろう。

メインコンパートメント内に、全方位にクッションが付いたPCスリーブを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 Compact Backpackはコンパートメントは1つだが、フロントポケットにはタブレット端末の収納に適したクッションスリーブとペンホルダーなどのオーガナイザーを備えているため、容量不足ということはない。フロントポケットのジッププル(引き手)は隠せる設計で、見た目もすっきりとした印象に。またトップには、起毛素材の裏地を用いたアクセサリーポケットを搭載。スマートフォンなどを入れるのに最適だ。

 同シリーズに限らず、インケースのバックパックは背負いやすい点も魅力。人間工学に基づいたショルダーハーネスは、肉厚なクッション入り&メッシュ仕様で体への負担が少ない。フィット感も抜群で、バッグ自体も軽いが、それ以上に軽く感じられる。

 日本の輸入代理店であるビーズインターナショナル ブランドディストリビューション事業部の今屋敷拓郎マネージャーは、「このシティシリーズが出荷全体の約40%を占めるほど売れている。ビジネスにも対応するスクエアフォルムである点も人気の一因ではないか」と話す。

 2018年の春夏の新作として、耐摩耗性に優れたリップストップポリエステルを用いた軽量モデルも追加された。また、これまで展開のなかった待望のオールブラックモデルも登場するなど、選択の幅が広がっている。

現在人気の薄マチ仕様。すっきりとした見た目でビジネスユースに最適
[画像のクリックで拡大表示]