ハードケース付きPCリュック

 PCの保護を目的にビジネスリュックを選ぶなら、「リフォーム」シリーズがおすすめ。一般的なラップトップリュックのようなクッション付きPCスリーブではなく、なんとハードケースが内蔵されているからだ。

インケース「Reform Collection Tensaerlite Backpack 13”」(税込み2万4840円) サイズは約W27×H46×D17cm
[画像のクリックで拡大表示]

 メインコンパートメントに、衝撃吸収素材であるTensaerliteを使用した圧縮成形PCケースを搭載。Tensaerliteはインケースが開発したEVA(熱可塑性合成樹脂)素材で、ハードケースでありながらバックパックのフィット感を損なうことなく、PCをしっかり保護できる。裏地に起毛素材をあしらい、超軽量である点も特徴だ。

Tensaerliteを使用した圧縮成形PCケースを備える
[画像のクリックで拡大表示]

 サイズはアップル製品に最適化されており、MacBook RetinaとMacBook Proに対応。13インチまたは15インチから選べ、iPadなどのタブレット端末も収納できる。

 フロントポケットは両サイドに付き、肩掛けした状態で荷物を取り出しやすいように、ファスナーが斜めに配置されている。こちらの裏地にも起毛素材が使われているところがインケースらしい。また上部のハンドルが軟らかく丈夫な点も特徴。電車などで長時間持っていても疲れにくい作りとなっている。

丸みのあるフォルムのため厚みはあるが、小振りで使い勝手がいい
[画像のクリックで拡大表示]

 素材には300デニールのEcoyaと呼ばれるエコ・ポリエステルを使用しているが、2018年の春夏には840デニールナイロンのオールブラックモデルが追加された。ロゴもボディーと同色で、よりビジネスで使いやすいすっきりとした見た目となっている。「新作は底部にコーティング加工を施しているので、床に置いてもバッグへのダメージが少なくなった」と、今屋敷氏も太鼓判を押す。

 アップル公認のインケースが展開するビジネスリュックは収納性に富んでおり、やはりPCなどとの親和性が高い。アップル製品とともにアップデートされていく今後の進化も見逃せない。

(文/津田昌宏)