実用的で価格の幅が広く、相手に合ったものを選びやすいボールペンは、ギフトや手土産に重宝するアイテムの一つ。しかも、最近は基本的な機能の書き心地や使いやすさについてはどれを選んでも大きなハズレはないので、失敗が少ない製品ともいえる。

 ただし、膨大な商品の中から最適なものを選ぶのが難しいのも事実。そこで、相手に良さが伝わりやすいもの、自分で使ってもギフトにしてもうれしいものを選んだ。

回転繰り出し式の「エナージェル」は重厚感あり

ぺんてる「エナージェルフィログラフィ」(2000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 元祖、速乾性ゲルインクボールペン「エナージェル」から、ついに登場した金属軸タイプ。ノック式ではなく回転繰り出し式だが、それだけにスッキリしたデザインが美しい。回転繰り出し式はノック式に比べると片手で芯の出し入れができないという欠点があるが、ペン先がしっかり固定されているので筆記時にペン先がブレないという利点もある。

軸を回して芯を出し入れする回転繰り出し式なので、筆記時にペン先がブレず安定して書ける
[画像のクリックで拡大表示]
手に持った感じ
[画像のクリックで拡大表示]

 細い軸だがちょっと重めなので、手にしたときの安定感が良い。また、もともと高機能なエナージェルだけに、インクの滑らかさ、サラリとした書き味なのにクッキリと発色する色の鮮やかさ、書いてすぐにこすっても大丈夫な速乾性などは、従来の油性ペンの金属軸タイプに慣れた人にはかなりラクに書けるペンに感じられるだろう。ブラック、ダークブルー、ターコイズブルー、ホワイト、シルバーと、シックで大人っぽい軸色がそろったのも魅力的だ。価格も手ごろで、自分用にもギフト用にも使える。

ペン先はニードルチップ。インクの出がいいのに乾くのも速い
[画像のクリックで拡大表示]
カラーバリエーション。上からホワイト、ターコイズブルー、ブラック、ダークブルー、シルバー
[画像のクリックで拡大表示]