仕事でもプライベートでも、自分らしさを表現できるアイテムの一つが筆記具だ。中でも万年筆はその筆頭といってもいいかもしれない。まずは、気に入った一本を見つけてほしい。今回は、1000円から2万円未満までの買いやすい価格帯から最初の一本に向いた万年筆を選んだ。

すぐにゲットしたいのは、毎日使える実用品「ハイエース ネオ クリア」

  万年筆は面白い。書き慣れるとボールペンよりも楽なのだ。筆圧ゼロで書けるのは伊達(だて)ではない。しかも、カートリッジでなくコンバーター(インク吸入器)を使えば多くのインクから色を選べるし、ボールペンに比べると表情のある文字が書ける。そして、簡単には壊れないから長く使えて手になじんでくる。万年筆といえば、海外製を思い浮かべる人も多いと思うが、性能と価格のバランスは国産のほうがはるかに高い。まずは国産の万年筆を選ぶ方が確実だろう。最近はデザインも良くなってきたので、選ぶ楽しみも増えた。

セーラー万年筆「ハイエース ネオ クリア万年筆」1080円(税込み)、別売りのコンバーター500円
[画像のクリックで拡大表示]

 細字用万年筆の名作、セーラー万年筆の「ハイエース」に連なる、昭和の匂いを漂わせるクールなデザインの軸と、手帳にも安定して書ける細字が魅力の「ハイエース ネオ万年筆」。ボールペンのように気軽に使える万年筆として登場したパイロットの「Kakuno」(1000円)が、手軽さで初めて買う一本に最適な万年筆だとすると、ハイエース ネオは普段の筆記具として使える実用性で選ぶ一本だ。その透明軸モデル「ハイエース ネオ クリア」はビジネスの現場でペンケースに一本入れておきたい筆記具に仕上がっている。

 透明ペン芯と透明な軸、そしてコンバーターの使用が可能という要素が組み合わさったことで、軸からペン芯までが入れたインクの色に染まり、他の万年筆では味わえない独自の風情になる。この見た目のキレイさと、実用性の高さのギャップが、この万年筆の個性。

透明軸には、別売の「セーラー インク吸入器コンバーター」(500円)を装着して、好みの色のインクを入れたい
[画像のクリックで拡大表示]
インクを入れたところ。カラーバリエーションは、写真の黒の他にキャップの色がシルバーでグリップ部分が透明のタイプもある
[画像のクリックで拡大表示]
透明のペン芯(ペン先の下にある、インクを溜めておくための溝部分)がインクの色に染まる
[画像のクリックで拡大表示]
ペン先は、セーラー万年筆伝統の「F-4」というタイプのステンレス製。最近は少なくなった昔ながらのハート穴がかわいい。種類はF(細字)のみ
[画像のクリックで拡大表示]

 好きな色のインクを入れて楽しみつつ、日常の筆記具として胸ポケットに差して使うこともできるわけだ。万年筆を使ってみたいけどKakunoではかわい過ぎるという大人にも安心して使ってもらえる。筆者としては、この軸のまま、中字や太字を出してくれないかと思う。この細い軸で太い線が書けるのは面白いと思うのだ。