2016年3月31日、銀座にオープンした東急プラザ銀座は、既に「“銀座大変貌”第一弾 「東急プラザ銀座」を徹底解剖!」で伝えられているように、全体としては女性と外国人観光客をターゲットに作られているようだ。といっても、全13フロア、125店舗もあり、その中には大人の男性がじっくりと腰を据えて見入ってしまう注目の店舗もある。ここでは、男性目線で注目したい雑貨や文具を紹介する。

海外限定販売のペンも試し書きできる! 体験できる文房具店

B1フロアにある「TOUCH & FLOW」のMDペーパーが積み上げられた試し書きコーナー。これだけの紙があれば、遠慮せずにたっぷりと試し書きが楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

 「トラベラーズノート」や「MDペーパー」などでおなじみの紙製品や文具を中心に扱うメーカー、デザインフィルによるステーショナリーショップ「TOUCH & FLOW」が、湘南T-SITE店に続く2号店として出店している。ショップのコンセプトは“大人感性のステーショナリーショップ”。「書いたり、触ったり」できる大人の文房具店といった風情で、キッチン雑貨などが並ぶB1階フロアのほぼ中心に突然現れる。

 店全体は大きな書斎のようになっていて、机を模したディスプレイの引出しにはさまざまなステーショナリーがぎっしり詰め込まれている。壁沿いにはいくつもの棚が並び、同社の製品だけでなく、「書くことで見つける上品な暮らし」をコンセプトにした楽しい文具や雑貨が並んでいる。トラベラーズノート関連の製品がまとめて購入できるのも嬉しいし、デザインフィルの真鍮製文具「ブラスプロダクト」シリーズだけでなく、それらとテイストが似た他社の製品などもシームレスに並んでいるので、自分なりに比較検討できるのがいい。

TOUCH & FLOW全景。周囲がキッチン雑貨やアメニティーアイテム、食品などのため、落ち着いたムードが際立つ
[画像のクリックで拡大表示]
中央の台の引出しの中にもステーショナリーが詰まっている。ここには金属軸の筆記具が集められていた
[画像のクリックで拡大表示]

 目玉は、デザインフィルのオリジナルペーパー「MDペーパー」を高く積み重ねた試し書きコーナーだ。MDペーパーは筆記具を選ばない書き心地の良さで知られる紙。そこには万年筆や水性ボールペンが20種ほど置かれていて、試し書きという名の落書きが思いっきりできる。ドイツのメーカー、カヴェコのローラーボールや、ぺんてるの「トラディオ・プラマン」のフランス限定バージョンなど、他の店ではあまり試し書きする機会がない筆記具がさりげなく用意されているあなどれないスペース。「水性インクの良さを分かってもらいたい」というスタッフの言葉通りの面白いラインアップだ。

試し書きできる筆記具20本が並ぶ。万年筆や水性ボールペンなどを中心に、「書き味」が気持ち良い筆記具が揃っている
[画像のクリックで拡大表示]
通常日本では売られていない、ぺんてるの「トラディオ・プラマン」のフランス製EU限定バージョンも購入できる。1500円
[画像のクリックで拡大表示]