水をくめる風呂敷!

 水をはじく布を使った、テキスタイル専門メーカー朝倉染布の風呂敷「ながれ」もなかなかのものだった。こちらは防水ではなくはっ水。生地繊維の1本1本に炭化フッ素を付着することではっ水する布が出来上がるのだという。

 荷物を包んだ風呂敷に水をバンバンかける展示が行われていたのだが、両面にはっ水加工を施された風呂敷は、中の荷物を濡らすことがなかった。水もくめるというのだからすごい。いざというときのバケツ代わりにもなるのだ。

朝倉染布の超はっ水風呂敷「ながれ」(2800円~5400円)。価格はサイズや布地によって違う
[画像のクリックで拡大表示]
このように、水を掛けていたが、本当に濡れていなかった。はっ水能力は洗濯することで少しずつ弱まるそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/納富廉邦)