水の中にいる感触がない?手袋や靴下

 防水用品というか、防水機能のある素材を使った製品も、すごいものが出展されていた。

 まずは、メトロポリスの「デックスシェル」だ。ナイロンやレーヨンのアウターとインナーの間に、ポーレルメンブレムというフィルムを挟むことで、ビックリするほどの防水性能が得られるという。その素材を使って、手袋や靴下、帽子などを作っている。

メトロポリス「デックスシェル」の靴下。価格は2800円から。中のフィルムがポイントだから、履き心地自体は普通の化学繊維の靴下と変わらないのも魅力
[画像のクリックで拡大表示]
メトロポリス「デックスシェル」の手袋。価格は4900円から
[画像のクリックで拡大表示]
メトロポリス「デックスシェル」の帽子。価格は3000円から
[画像のクリックで拡大表示]

 実際に、デックスシェルの手袋をして水の中に手を突っ込んだのだが、中には全く水が浸透しないどころか、水の中に手を入れているという感触さえない。汗は外に出してくれるらしいので蒸れることもないらしい。この靴下があれば、雨の日も快適に歩けそうだ。

この水の中にある靴下の中に手を突っ込んでも、まったく濡れた感じがない
[画像のクリックで拡大表示]