2017年から「ギフトショーLIFE×DESIGN」「プレミアムビューティーヘルスショー」「ギフトショー」「プレミアムインセンティブショー」「グルメ&ダイニングスタイルショー」をギフトショーWEEKとして統合した巨大なギフト製品見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー」。前回前々回 で紹介した「ギフトショーLIFE×DESIGN」に続き、2017年2月8~10日には「ギフトショー」が開催された。あらゆる形の製品が並び、渾沌としたバラエティーの豊富さが面白い見本市から、注目の製品をピックアップして紹介する。

今、鋳物が面白い!

 ここ数年、ギフトショーは、名入れサービスなどのBtoBサービスや昔ながらのギフト商品よりも、実際に生活に役立つもの、ちょっとしたアイデア商品などのお披露目の場として使うメーカーが増えてきている。

 三重県の桑名商工会議所のブースでは、戦国時代の鉄砲の鋳造に端を発する「くわな鋳物」のメーカーの展示が行われていた。

 なかでも目を引いたのが、鋳物の鍋やフライパン、グリルパンなどの調理器具をそのままサイズダウンした桑原鋳工「CASTOK ミニミニパン」シリーズ。まるでおままごとの道具のようだが、直接火にかけられる本格的なパンだ。缶詰めの中身を入れてコンロに掛けて煮込んだり、1人分のスープを温めたり、寒い夜に、ちょっと晩酌といったときに威力を発揮する。鋳物だから重いが、小さいので持ち歩けるし場所もとらない。

桑原鋳工「CASTOK ミニミニパン」シリーズ。手のひらにのる小ささだが、大きなものと同じ製法で同じように作られている
[画像のクリックで拡大表示]

 同じく桑原鋳工の石臼「鉄臼」も面白い。大豆や黒豆を挽いてきな粉にしたり、お茶を挽いて抹茶にしたり、コーヒー豆を挽いたり。1人分を簡単に挽けるのに、モノとしての迫力がすごい。

桑原鋳工「鉄臼」近日発売予定。石臼と挽き比べてみたい
[画像のクリックで拡大表示]

 マルデ鋳器の「くわな鋳物の蚊やり器」も興味を引く。さまざまな素材を使った生活用品をデザインするヤマザキデザインワークスによる、伝統的だけれど新しい「蚊やり器」を、マルデ鋳器の鋳造技術で製品化したものだ。

 鋳物で作られたずっしりと重い器とふたは、平たくて簡単にはひっくり返らないので蚊取り線香を入れても安心。マルデ鋳器はガスコンロなどを作っているメーカーなので、火の扱いも得意だ。ふたは伊勢型紙をイメージするような切り絵風で、花、籠、朝顔、花火、帰郷、雲と夏をイメージするモチーフがデザインされている。鋳物を身近に感じる生活用品として、とても魅力的な製品だ。

マルデ鋳器「くわな鋳物の蚊やり器」(4320円)。安全性まで考慮した鋳物の蚊取り線香置き
[画像のクリックで拡大表示]
鋳物ならではの質感と切絵風のデザインがマッチ
[画像のクリックで拡大表示]