ビジネスリュックに興味がある人なら、“巻き貝のようなデザインのリュック”と聞けばピンとくる人は多いのではないだろうか。それが、「コートエシエル」というブランドだ。

コートエシエルの「ISAR(M)」(税込み3万8880円)
[画像のクリックで拡大表示]

 コートエシエルは2008年にパリで設立されたブランドで、日本には2010年に本格上陸した。看板モデル「ISAR(イザール)」は、独特なフォルムがアパレル業界やクリエイターらの支持を得て、瞬く間にファッション市場で受け入れられた。一度見ると印象に残るため、持っている人が広告塔となり人気が広まっていったという。今ではビジネスシーンまで浸透し、ジャケットを着た人がこのイザールを背負っているのも見かけるようになった。

 それまでのPCリュックとは一線を画すデザインは、どのようにして生まれたのか? これについて、日本での代理店を務めるアンバイの営業担当、飛鳥間(あすま)章夫氏は「デザイナーがもともと科学者だったため、独創的なフォルムになる」と話す。現在、コートエシエルの商品は、すべてエミリー・アルノー氏という女性デザイナーが手がけており、彼女はカレッジで科学を専攻していた経歴を持つ。その後、インテリアプロダクトデザイナーを経て、バッグデザイナーへの道に進んだそうだ。

 「デザインを学んでいないので、ペンと紙ではなく、布を折ってバッグの形を作っていくんです。日本文化が好きで、折り紙からインスピレーションを得た“作り方”なのだそうです」(飛鳥間氏)

独特のフォルムが目を引く。写真のISAR(M)のサイズはW32×H48×D23.5cm
[画像のクリックで拡大表示]

 またコートエシエルのリュックは、人間工学に基づいた設計で背負いやすい点も人気の秘密。他社に先駆けて、リュック背面に独立したPC収納スペースを設け、PC用ポケットに肉厚なクッションを用いるなど、ラップトップリュックとしての機能も高い。それもそのはず、コートエシエルは設立当初、アップル社公認のスマートフォンケースやPCケースなどを作っていたのだから。フォルムが独創的なだけでなく、機能的だからこそ多くの人に受け入れられたのだ。

 「コートエシエル(Cote&Ciel)を訳すと“海岸と空”。水平線の境目のように、機能とデザインという相反するものを融合したバッグ作りを行っています」(飛鳥間氏)

背面に独立PCスペースがあり、PC用ポケットのクッションも肉厚。使いやすく、また安心してPCを持ち運べる
[画像のクリックで拡大表示]
前面の”巻き貝”部分がメインコンパートメントになっている
[画像のクリックで拡大表示]

 女性客からのリクエストにより、2016年の秋冬モデルからSサイズが加わり、現在はS・M・Lの3サイズを展開している。そもそも欧州向けでサイズが大きいため、Sサイズは日本人男性にも最適。小ぶりでデザインが悪目立ちしないので、ビジネススタイルにも合わせやすい。

ビジネスでも使いやすい小振りな「ISAR(S)」(税込み3万5640円)。サイズはW32×H40×D24cm
[画像のクリックで拡大表示]