必要なビジネスツールはスッポリ入るソフトタイプ

[画像のクリックで拡大表示]

 テントなどに使われるコットンのような風合いで、軽くて耐久性に優れたテントファブリックで作られている、ワンショルダーバッグ「tomel」。薄マチのリュックのような外観ながら、ショルダーバッグのように片方の肩に引っ掛けて持っても、体に沿って安定するので歩きやすく、たすき掛けにして後ろに回してリュックのように持っても、カバンを前に回しやすい形状と大きさが絶妙だ。

前に回して、サイドのファスナーを開けてモノを出し入れできる
[画像のクリックで拡大表示]
たすき掛けでなく、片方の肩に掛けるスタイルでも使用可能。左右どちらにも対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 ファスナーの位置まで左右対称に作られていて、左に掛けても右に掛けても同じ使い勝手で扱えるというところもよくできている。メーンコンパートメントは、カバン前面中央にあるファスナーで開閉するため、内容物の出し入れがとてもラクに行える。

モノの出し入れは、バッグ中央のファスナーを開いて行う。A4サイズの雑誌が入った封筒もゆったり収納できる大きさ
[画像のクリックで拡大表示]
両サイドのファスナーからもメーンコンパートメントにアクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、歩きながらカバンの中からちょっとしたモノを出し入れするときも、サイドのファスナーからモノの出し入れが可能なので便利。背に当たる部分のファスナーを開くと、クッション付きのノートPC用のポケットやデジタル小物を収納できる小さなポケットも搭載。

背中に当たる部分を開くと、13インチクラスのノートパソコンが入るクッション付きポケットや、デジタル小物を入れるマチ付きのポケットがある
[画像のクリックで拡大表示]
ふわりとした肌合いのテントファブリックが柔らかな印象を与え、対照的なガッシリした金属パーツがアクセントになっている
[画像のクリックで拡大表示]

 太めでクッションも厚いストラップは、肩への負担が少なく、しかもポケットになっているという凝りよう。さらに、ホックボタン2つを外すだけでマチが広がる仕組みなので、かさばる荷物も収納可能だ。これだけの凝った細部を持ちながら840グラムと軽量なのもうれしい。スッキリしたデザインとテントファブリックの質感で、スーツにもカジュアルにも似合うため、使用範囲もとても広い。仕事から散歩、機内持ち込み用など、これ一つで、ほとんどのシチュエーションがカバーできる。

ストラップ自体がファスナーポケットになっている
[画像のクリックで拡大表示]
バッグ上部のスナップボタンを外すとマチが広がり、大きな荷物も入れられる
[画像のクリックで拡大表示]