ビジネスウエアがカジュアル化し、自転車通勤者も増えるなか、“ビジネスシーンで使えるリュック”が注目を集めている。そのなかで頭角を現してきたのが、海外デザイナーズブランドとアウトドアブランドだ。

 海外デザイナーズブランドのラップトップリュック(ノートPCの収納を前提に作られたリュック)は、シンプルながら個性的なデザインなのが特徴だ。その筆頭といえば、フランス生まれの「コート・エ・シエル」。ブランド名は知らなくても、“巻き貝を思わせる立体的で風変わりなフォルムのリュック”といえば、ピンとくる人も多いだろう。

 コート・エ・シエルは2008年にパリで設立されたブランド。アップル社公認のスマートフォンケースなどを作っているペイパーレイングループのデザインチームが手がけている。アップル製品に対応したPC関連アクセサリーを中心に、実用性とデザイン性を融合させた斬新なアイテムを提案している。

 日本に本格上陸したのは2010年。看板モデル「ISAR(イザール)」の独創的なデザインが話題となり、「1年目からファッション市場で受け入れられた」と、日本での代理店を務めるアンバイ(大阪市)の冨士松大智社長は話す。「バックパックのスポーティなイメージとは異なるモードな雰囲気があるので、キレイめな着こなしに合わせることができる。ちょうどファッションシーンがモードに向かっていくタイミングと重なった」(冨士松社長)という。

 コート・エ・シエルは販路を「ビームス」「エディション」などの人気セレクトショップにあえて絞っている。それにもかかわらず、「独特なデザインが目に留まるので、それ自体に広告効果がある」(冨士松社長)。持っている人が広告塔となり、広まっていった。当時はPCを外に持ち出す人が増え、ラップトップリュックを探していたファッション感度の高い人たちにヒットしたのも大きいだろう。

 日本の購買層は男性が7~8割だという。欧州の人の体型に合わせて作っているのでバッグサイズが大きく、PC収納部分には厚いウレタンが入るなどカバン自体も通常のデイパックなどに比べるとやや重い。ちなみに「パリの男性は普段からカバンを持ち歩く習慣がなく、フランス発信ですが販売はアジアが強い」(冨士松社長)という。日本限定モデルやセレクトショップ別注モデルが数多く展開されているのも納得できる。

人間工学に基づいて設計された看板モデル「ISAR Eco Yarn(M)」(税込み3万4560円)。雨や汚れに強いリサイクルポリエステル素材、エコヤーンを採用
[画像のクリックで拡大表示]
背面側に15インチまでのPCを収納可能。クッション付きで、インナーポケットも備える
[画像のクリックで拡大表示]
スクエアフォルムの「RHINE ECO YARN」(税込み3万240円)はスーツにも合わせやすい
[画像のクリックで拡大表示]
背面側に荷室があり、PCが収納できるパッド付きの仕切りとポケットを備える
[画像のクリックで拡大表示]
前面は3つに分かれたファスナーポケットで構成されている。荷物を取り出しやすい
[画像のクリックで拡大表示]