国際線の深夜便は定着しつつあるが、国内線ではまだ珍しいだろう。だが、ANA(全日空)が2014年7月から夏季限定で運航していた羽田~沖縄線の深夜便「ギャラクシーフライト」は深夜帯にもかかわらず満席便が相次いだ。その人気の理由を筆者の搭乗レポートを交えて解説する。

ANAの夏季限定「ギャラクシーフライト」は今年で4回目。2017年は7月14日~8月31日に運航した
[画像のクリックで拡大表示]

 ギャラクシーフライトは、羽田空港22時55分発で那覇空港25時35分着、那覇空港3時35分発で羽田空港5時55分着というスケジュールだ。仕事を終えてから沖縄に出発し、早朝に羽田空港に到着してそのまま仕事に向かえるので、週末弾丸旅行も可能だ。

 出発当日は21時半過ぎに羽田空港国内線第2ターミナルに到着した。第2ターミナルからの最終便となる21時半発のスターフライヤー関西空港行きが出発した直後で、チェックインカウンターにいるのはギャラクシーフライト(ANA999便)の利用者だけだった。深夜便ということで、夕食を済ませてから空港に到着する人が多いかもしれないが、羽田空港内には22時ごろまで営業している飲食店も多い。また、この時間は東京モノレールが空いているので、大きな荷物を持っていても他の乗客を気にせずに乗車できる。ただし、京急は通勤客の利用も多いので、比較的混んでいると考えたほうがいいだろう。

22時以降の第2ターミナルからの出発便はギャラクシーフライトだけ。保安検査場の先の売店はこの時間には閉まっていて自動販売機しかないので、必要なものは保安検査場に入る前に地下1階のコンビニで買ってから向かうのがおすすめ
[画像のクリックで拡大表示]
筆者は早めに到着したが、出発15分前の22時40分までに保安検査場を通過すればいいので、22時過ぎの到着でも問題はないだろう
[画像のクリックで拡大表示]