2017年5月25日、LCC(格安航空会社)として初めて、エアアジアグループのインドネシア・エアアジアXが成田-デンパサール(バリ島)線を就航した。就航開始当初は週4便往復の運航だったが、6月18日から毎日運航されている。往路は8時25分に成田空港を出発し、バリ島のデンパサールに14時25分に到着。復路はデンパサールを23時に出発し、翌朝の7時10分に成田に到着する運航スケジュールだ。早速、この便を使って週末弾丸バリ島旅行に挑戦した。

2017年5月25日に就航した、インドネシア・エアアジアXの成田-デンパサール便
[画像のクリックで拡大表示]
機材はエアバスA330-300型機。エコノミーシート365席、プレミアムフラットベッド12席の合計377席で運航される
[画像のクリックで拡大表示]

 週末弾丸旅行でもバリ島へ行ってみようと思えるのは、LCCならではの運賃の安さに尽きる。繁忙期でなければ片道2万円程度で、セールになれば片道1万円台で購入することもできるのだ。

 また、ここ数年、夕方や深夜出発の東南アジア行きの便が増えている中で、8時台に出発する便は珍しい。平日に1日休みを取れば、金曜日に出発して月曜日の朝に帰国する、もしくは土曜日に出発して火曜日の朝に帰国するなど、土日を含めた2泊4日の旅行が可能になる。さらに土曜日に出発して月曜日の朝に帰国すれば、会社を1日も休まずにバリ島での週末を楽しむ究極の弾丸旅行も実現できる。

京成スカイライナーの始発利用がベスト

 筆者は5月25日の就航初便に乗ってバリ島へ向かった。成田空港の出発は8時25分。搭乗手続きの締め切りは出発1時間前の7時25分までとなる。

 成田空港までのアクセスは京成スカイライナーの始発を利用するのがベストだろう。京成上野駅5時58分、日暮里駅6時3分発の「スカイライナー1号」に乗れば、6時39分に空港第2ビル駅に到着する。インドネシア・エアアジアXは、JAL便と同じ第2ターミナルからの発着なので、6時50分ごろにはチェックインカウンターに着くことができるだろう。始発を利用するのが難しい場合は空港近くのホテルに前泊するという手もある。最近は成田空港周辺のホテルの相場が下がっており、1人5000~6000円程度で宿泊できるところもあるようだ。また、深夜から早朝に東京駅を出発する格安バスを利用すれば1000円で成田空港まで行ける。

クルマでアクセスするなら「P3駐車場」

 クルマで空港へ行く場合、朝8時前までの入庫で早朝・深夜割引が適用される(一部繁忙期を除く)「P3駐車場」に駐車すれば、2泊4日利用で3920円(74時間駐車した場合)、1泊3日の超弾丸旅行であれば2380円(50時間駐車した場合)。人数が多ければクルマで向かうのもありだろう。LCC=第3ターミナルと思っている利用者も多いが、第2ターミナルからの発着になるので間違わないように気をつけたいところ。

成田空港第2ターミナルの「Sアイランド」がインドネシア・エアアジアXのチェックインカウンター
[画像のクリックで拡大表示]