弁当箱サイズのためビジネスバッグにも入り、机の上に置いても場所をとらない。自宅だけでなくオフィスでも炊きたてごはんが食べられる点も人気
[画像のクリックで拡大表示]

 アイデア商品などの企画販売を行うサンコー(東京都千代田区)が2017年9月11日に発売した、「お一人様用 ハンディ炊飯器」。初回生産分が約1カ月で完売する人気となっている。

 同商品は蒸気の熱で茶碗2杯分のご飯が炊ける小型炊飯器。炊飯台に適量の水を入れてスイッチを入れると“水蒸気発生板”が加熱され、ふたを閉めた本体内側を高温の水蒸気で満たしてまんべんなく熱を加える仕組み。弁当箱サイズの本体には炊飯器となる茶碗が2つ入っており、約50分で茶碗大盛り約230gのご飯が炊き上がる。空焚き防止機能も付いている。

 片方の茶碗に水を入れておけばお湯になり、インスタントの味噌汁も作れるほか、レトルトカレーを温めたり、ゆで卵や温野菜などを作ったりもできる。電源ケーブルや軽量カップ、ご飯が余ったときのための「保存用カレンダー付きフタ」が付属する。

 ユーザーからは「海外出張に持って行きたい」「容器が2つに分かれているから、ご飯とおかずを同時に加熱できて便利」「水蒸気で炊く構造だから100度を超えないのも安心」と評判も上々。価格は税込み4980円。初回完売後、現在は同社通販サイトにて販売を再開している。

本体サイズは幅225×奥行き135×高さ155mm。重量は1kg
[画像のクリックで拡大表示]
「保存用カレンダー付きフタ」が付いている
[画像のクリックで拡大表示]

(文/梶 里佳子)