低価格にもこだわった「WORKER'S BOX」(税込み399円)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニークな文具を開発するハイモジモジ(東京都三鷹市)が2017年9月19日に発売した「WORKER'S BOX」が売れている。初回生産分は2000冊だったが事前予約だけで1000冊を超え、同月発売の雑誌で取り上げられるとツイッターで話題に。さらに同社が4コマ漫画入りでこの商品についてツイートしたところ、一気に拡散。1日で7000冊の注文が入ったという。注文後1カ月待ちの状態が続いているといい、現在1万2000冊を増産中だ。

 同商品は片付けが苦手な同社のデザイナーがどうにかデスクを片付けたいと考案。仕事の案件別にクリアファイルごと資料が入り、スケジュール表などがクリップで留められて、名刺も挟める構造にした。箱の表紙には進捗状況なども書き込めるようにし、当のデザイナーは関係者の電話番号や名前も箱の表紙に書き込んで使っているという。仕事に関する大小の資料がすぐ取り出せるのも特徴だ。

 「片付けの苦手な人がそんなにいるとは思わなかったので驚いている」と、開発担当者。10冊や20冊単位で注文する人が多く、購入者は都市部を中心に全国に拡大。「今日、さっそく友人に自慢してきました。書類整理が苦手なので重宝します」「子どもがつくった折り紙作品を入れています」「旅の思い出をまとめられるのがいい」といった声が寄せられているという。

組み立て式。10冊で1冊、20冊で2冊おまけがつく
[画像のクリックで拡大表示]

(文/志水 京子)