コクヨの「ハコアケ」は握ったまま切りたいところに刃先を当てて、スーッと引くだけで簡単に開梱できる
[画像のクリックで拡大表示]

 コクヨが2017年8月9日に発売した、カッターのように引いても切れるハサミ「ハコアケ」が、通販サイトで品切れになるなど人気だ。

 インターネット通販の普及に伴い、消費者が段ボールで商品を受け取る回数が増えている。しかし段ボールを開梱する際、「開けにくい」「手を切りそう」「中身を傷つけそう」といった不満を感じる人が多いことが分かり、発案した。安全性やデザインなど試行錯誤し、2年かけて開発したという。

 ハコアケモードでは、本体のスイッチをスライドしながら握ると出てくる先端部の刃によって、ハサミの刃を閉じたまま段ボールを開梱できる。カッターを扱うときの握り方に近づくよう、刃に人さし指を当てて使用することができるブレードガード付き。刃の飛び出し量は最大1mmなので、中身を傷つける心配もない。一方、ハンドルの握りを緩めれば、自動的に刃が引っ込みハサミモードになる。中身の袋やタグなどをカットする際、軽く持ち替えるだけで作業を続けられるのだ。

 同社によれば、「使用方法を説明する動画の作成やパッケージに使用シーンの写真を採用するなど、使い方を直感的に伝える販促にも工夫を凝らすことで、ユーザーの購買につながっているようだ」とのこと。年間販売目標1億1400万円に対して現在は順調に推移。「ネット通販やフリマアプリなどを利用する方に、利便性や安心に配慮した設計が響いているようです」(同社商品担当の志村武氏)。メーカー希望価格は税込みで756円(チタン・グルーレスタイプは税込み1080円)となっている。全国の文具・雑貨量販店や同社通販サイトにて販売中。

 
スイッチをスライドさせたままハンドルを握ると刃先からカッターのように刃が出てくる仕組み。グルーレス刃タイプは粘着テープをカットした場合でもベタつきにくい。また切りにくいポリプロピレンバンドもサッと切れる
[画像のクリックで拡大表示]
剥がしにくい宛名、伝票を切り抜くのにも便利
[画像のクリックで拡大表示]
粘着テープをカットした場合でもベタつきにくいグルーレス刃タイプは、ブルー、ピンク、イエローの3色。チタンコートで刃の硬度を高めたチタン・グルーレスタイプは、ブラックとホワイトの2色。イエローとホワイトは数量限定色
[画像のクリックで拡大表示]

(文/梶 里佳子)

■関連リンク