高熱や紫外線を使用しないため、子どもも安心して作れる。商品1セットで約20個の食品サンプルが作成可能
[画像のクリックで拡大表示]

 メガハウス(東京都台東区)がハンバーガーやラーメン、デザートなどのリアルなミニチュア食品サンプルが作れる「3Dドリームアーツペン 食品サンプルセット(4本ペン)」を2017年4月中旬に発売し、注目を集めている。

 同商品は2015年11月の発売以降、22作品・累計出荷数40万個を突破した3Dペンシリーズの新商品。これまでのシリーズ同様、アクリルを主成分とした特殊樹脂入りの専用インクを可視光線LEDを採用したライトで固めて立体物を自在に作り出す仕組みだ。付属の「デザインシート」に描かれた食品のイラストを専用インクでなぞったり、立体を作る型に専用インクを流し込んだりしたあと、ライトで固めたパーツを組み合わせれば、食品サンプルが完成する。専用ペンはイエロー、グリーン、ホワイト、レッドの4色だが、混ぜ合わせて他の色を作ることも可能。食品サンプルで多用されるブラウンも表現できるなど、表現の幅も広い。

 展示会では「かわいらしい」「リアル」と小売店のバイヤーたちにも好評だったという。ラーメンやスパゲティなどは、特に麺の造形が面白いと評判だ。「現在、食品サンプル作り自体がブームでもあり、この商品なら自宅で手軽にできる点がうけていると思います。完成品をSNSなどに載せる人が増えれば、さらに人気が上がるのでは」(同社広報担当)。メーカー希望小売価格は4800円。同社通販サイトのほか、全国の玩具取扱店で販売中。

[画像のクリックで拡大表示]

(文/梶 里佳子)