各種50ml/3500円。サンプル3点セットは1000円で販売中。同社通販サイトより購入可
[画像のクリックで拡大表示]

 香水や香り雑貨のOEM製造販売を行うルズ(東京都品川区)が、自社ブランド『J-Scent Collection(ジェイセントコレクション)』から2017年2月1日に発売した、和の香りをテーマにした香水シリーズが話題だ。販路は自社通販サイトのみで宣伝なども一切行わなかったが、口コミやSNSで話題になり、初回生産分は1週間で完売。増産して2月下旬に再販したあとも売れ行きは好調だという。

 シリーズ第1弾として発表された香水は、約50種近い試作品の中から厳選された3種類。茶葉を焙煎(ばいせん)したときのような香ばしい「ほうじ茶」、黒糖をまろやかにしたような独特の甘い風味の「和三盆」、上品でモダンな香りに仕上がった「沈香」という「今までにないユニークなセレクト」(同社の天田徹社長)だ。同社の商品の購入層は比較的若いものの、このシリーズは幅広い年齢層に支持を集めており、同社としては驚いているという。

 「ネット通販だと、試すことができない香りの商品を売るのは難しいとされているが、日常的になじみがあり、好き嫌いの少ない香りだったことが受けたのでは」と天田社長。4月上旬には「花見酒」「紙せっけん」「紫陽花」も発売。こちらも滑り出しは好調だ。今後も季節ごとにシリーズ商品を販売していく予定。

(文/梶 里佳子)

■関連リンク