キヤノンITソリューションズが提供するオーダーメイド手帳作成サービス「ネットde手帳工房」のWebサイト

 新生活が始まり、仕事やプライベートが変化していく時期。スケジュール管理用に改めて手帳の必要性を感じている人も多いのでは。しかし、既製品の手帳の多くは1月始まりで、新しく買うには中途半端なタイミング。また、自分の仕事や趣味に合ったレイアウトの手帳もなかなか見つからない。

 そんなときに注目したいのが、オーダーメイド手帳作成サービス「ネットde手帳工房」。キヤノンITソリューションズが2017年9月4日から提供を開始し、「手帳販売の常識を変える」とうたうサービスだ。「ワタシメイド手帳」という、完全オーダーメイドでデザインできる手帳を1冊から製本できる。スタートする月も自由だ。

 約140種類のサンプルから手帳のレイアウトを選択できて、自由に並べることが可能。フォントや色を変えたり、写真やテキストも挿入できる。カレンダーに家族の誕生日や恋人との記念日を入れるユーザーも多いという。

選択できるサンプルの例。週間のレイアウトだけでもバーチカルなど複数から選べる
[画像のクリックで拡大表示]

 デザインはサンプルから選べるだけではない。ネットde手帳工房の最大の特徴は、PDFをアップロードして完全オリジナルの手帳が作れることだ。例えば、育児日記用のページを絵で描いたり、ワールドカップの優勝国の一覧ページをエクセルで作ったり――。全ページを写真だけにすることも可能。その自由度の高さと1冊から製本できる特徴を生かし、書籍の自費出版に使うユーザーもいるとのこと。

オリジナルのデザイン例。写真やイラストの挿入からエクセルデータのアップロードまで、PDFに変換できればなんでもOKだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットde手帳工房は、手帳のデザイン作成から注文をネット上で完結できる。手帳はA5サイズで全200ページ。価格は5400円と、オーダーメイド手帳の中ではリーズナブルな設定という。20~40代の女性を中心に利用が広がりをみせている。