容量は400ml、価格は950円。電解アルカリ水100%。漆器や皮革類、銅製品、シルク製品、ニス塗りの家具、ワックス掛けされているもの、自動車の塗装面、液晶およびプラズマ画面、クリアーコーティングされているもの、貴金属、宝石類、無垢のアルミ製品などには使えない
[画像のクリックで拡大表示]

 スプレー式の電解アルカリ洗浄水「The Magic Water(Multi Cleaner)」が売れている。2016年12月に発売。価格は950円と同様の洗浄水に比べると高いが、年末までで販売数が2000本を超え、急きょ増産体制に入ったという。

 薬品を使用せずに水を電気分解したpH12.5の高濃度アルカリイオン洗浄水(水道水の水質基準はpH5.8~8.6、クエン酸は約pH2.0)で、汚れが気になる場所に表面がぬれる程度にスプレーし、その後、水で洗い流すかやわらかい布やティッシュなどでふき取って汚れを落とす。赤ちゃんがつい口に含んでしまう玩具や、犬・猫などのペット用品、キッチンの油汚れや食べこぼしが付着したカーペットなどに使える。水でできているので2度ぶきの必要がない。また除菌にも使える。

 発売元は企画・製造・卸販売・小売り会社、THE(東京都渋谷区)。good design company社長でクリエイティブディレクターの水野学氏を中心に5年前に設立され、現在は中川政七商店の中川政七社長、PRODUCT DESIGN CENTERの鈴木啓太代表、THEの米津雄介社長がさまざまなメーカーや企業とともに「これこそは」と呼べる定番製品を企画、開発。The Magic Waterは、good design companyの会議用テーブル掃除の定番だったケミコート(千葉県浦安市)の商品がもとになっており、同社の塩素を使わない特許技術「三槽式ループ製法」を用いて製造。金属にも使えるという。

 「小さな子どもがいるので、玩具などの除菌にも使えていい」「階段の手すりやドアノブなどの除菌に使っている」などの感想が寄せられており、購入者はリピート購入する傾向があるという。また「あいさつ回りのためにまとめ買いしたが、送り先の会社に喜ばれた」という声も。インテリアにもなじみやすいパッケージのシンプルさも好評の理由だ。

 現在の取り扱い店舗数は日本全国で約100店舗。中川政七商店オンラインショップでも販売している。

(文/山田 真弓)

関連リンク