普通のようかんはどこを切っても同じ見た目と味だが、「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、切り分けるたびに絵柄と味が少しずつ変わるようかんだ。1848年創業の菓子の老舗「本家 長門屋」が2017年4月1日に発売し、2017年度のグッドデザイン賞(日本デザイン振興会)を受賞。海外からの観光客が買いにくるなど人気が広がり、高島屋では歳暮商品として取り扱うとすぐに完売したほど。

 小豆ようかんで挟まれた淡いブルーでシャンパン風味のようかん(シャンパン BLUT錦玉羹〈きんぎょくかん〉)の中に、レモンようかんで作った月と鳥が浮かんでいる同商品。切り始めの断面に見える月は三日月で鳥は静止しているが、切り進むにつれ少しずつ月が満ちていき、鳥が月に向かって羽ばたくように成形されている。端の部分では、月が出る前後の夜の帳(とばり)も表現。カットする部分によって情景が変わるだけでなく、レモンようかんの分量が変わり、味わいも微妙に変化していく。

 同店の「架け橋シリーズ」の第3弾で、「切り分ける楽しさ=コミュニケーションという発想から開発した」(長門屋本店の鈴木静氏)。和菓子店だけでなく、美術館などを巡って「カットするたびに絵柄が変わる」ようかんを企画。商品化までは1年かかったという。

 見た目の美しさだけでなく、味も好評。「和菓子は五感の芸術といわれるが、このようかんには味・見た目・名前・切り分けの楽しさ・シャンパンなどの香りなど、さまざまな要素が入っている。ネーミングのもとになったジャズの名曲『Fly Me to The Moon』の持つイメージを膨らませながら、楽しんでもらいたい」(鈴木氏)。

「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」(税込み3500円)。上にはクランベリー、レーズン、クルミをトッピングしている。パッケージは、原発事故によって今でも多くの人が避難を余儀なくされている福島県浪江町出身の日本画家・舛田玲香さんによる描き下ろし
[画像のクリックで拡大表示]

(文/桑原 恵美子)