(C) 2015 zero one film / TERZ Film
[画像のクリックで拡大表示]

 ナチス政権下で数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊(SS)中佐のアドルフ・アイヒマン。戦後、いくつもの偽名を名乗り、海外で逃亡生活を続けていたこの男を、何が何でも捕まえてドイツで裁くことに執念を燃やすユダヤ系ドイツ人の検事長、フリッツ・バウアー。『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』は、バウアーがアイヒマンに迫っていく姿を描いた映画だ。

(C) 2015 zero one film / TERZ Film
[画像のクリックで拡大表示]

 舞台は1950年代後半のドイツ・フランクフルト。主人公はヘッセン州の検事長フリッツ・バウアー(ブルクハルト・クラウスナー)だ。彼はナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、遅々として進まない捜査状況にいら立ちを隠せないでいた。

 そんなある日、彼のもとにアルゼンチン・ブエノスアイレス在住のユダヤ人亡命者から1通の手紙が届く。そこにはアイヒマンが現地に潜伏しているという驚くべき情報が記されていた。このことを友人でヘッセン州首相のゲオルク=アウグスト・ツィン(ゲッツ・シューベルト)に相談。ナチスの残党が巣食うドイツの捜査機関が信用できないため、イスラエル諜報機関のモサドに情報を提供すると伝える。

 だがそれは、国家反逆罪にも問われかねない危険な行為だった──。

(C) 2015 zero one film / TERZ Film
[画像のクリックで拡大表示]