(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C) 2017 Hasbro. All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]

 2007年に実写映画化第1作目が公開されて以来、新作が公開されるたびに大ヒットを記録。過去4作品の全世界累計興行収入が約4200億円(約38億ドル)と、ケタ違いの大ヒットシリーズに成長している『トランスフォーマー』。その第5作目にして、新3部作の1作目となるのが『トランスフォーマー/最後の騎士王』だ。

 同シリーズは、1980年代にタカラ(現、タカラトミー)から発売された変形ロボット玩具「ミクロマン」と「ダイアクロン」がルーツ。それもあって日本でも1作目『トランスフォーマー』(2007年)の興収が40.1億円、2作目『トランスフォーマー/リベンジ』(2009年)が23.2億円、3作目『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011年)が42.5億円、4作目『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年)が29.1億円と、大人気シリーズになっている。公開年の洋画興収ランキングを見てもその成功ぶりは明らかで、1作目は5位、2作目が11位、3作目が4位、4作目が6位と上々の成績を収めている。

 そんな人気シリーズ最新作。まずはストーリーから紹介していこう。

(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C) 2017 Hasbro. All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]