22年前に残忍な手口で5人の命を奪い、日本中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま、時効を迎えたその事件の犯人が、まさかの告白本を出版。大がかりな記者会見を開き、集まった大勢のマスコミの前に姿を現すという衝撃作が、この『22年目の告白—私が殺人犯です—』だ。

(C) 2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 藤原竜也と伊藤英明の初共演も話題の本作は、阪神大震災、そして地下鉄サリン事件と、混沌とした出来事が続いた1995年に幕を開ける。

 この年、5人の命を奪う連続殺人事件が発生。犯行の手口は被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せること、背後から縄で首を絞め上げること、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させることという3つのルールに則った、極めて残忍なものであった。

 牧村航(伊藤英明)は当時、先輩刑事の滝(平田満)とともにこの事件を追っていた刑事の一人。当時、覆面をかぶっていた犯人を取り押さえながらも、あと一歩のところで逃げられ、さらにそのことが原因で滝は命を落としていた。

(C) 2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 その後、めぼしい証拠が見つからないまま時効が成立。苦しい過去を持つ牧村にとって、あのときの犯人が告白本を書いたのみならず、記者会見まで行うなど言語道断であり、許せぬことだった。

 だが日本中が注目するなか、記者会見場にはその男・曾根崎雅人(藤原竜也)が告白本『私が殺人犯です』のPRのために登場。「はじめまして。私が殺人犯です」と顔をさらし、肉声で殺人を告白する容姿端麗なその姿に、「かっこいい」とファンを公言する者も次々と現れる。賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーになり、マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、サイン会まで開く曾根崎。日本中が熱狂の渦に巻き込まれていく。

(C) 2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]